アクセスランキング

よっちーの小屋

よっちーの小屋 ホーム »2012年05月

【過去記事からランダム紹介!】

【当ブログと一緒にアクセスアップを目指しませんか?相互RSS大募集中です!】
【左上の「よっちーの小屋について」へコメント下さるか、もしくは管理人へメールを下さいませ】

ダークサマナープレイ日記 新イベント、B・B+限定トーナメント  

仕事から帰ってきましたあいろんですこんばんは
25日の15時より、ダークサマナーにて大きな2つの更新がありました
内容は続きを読むからどうぞ→

-- 続きを読む --

category: ゲーム紹介&レビュー

tb: 0   cm: 0

夜中の多摩川放浪記  

写真を撮りに夜中の多摩川へ行ってきました
夜中に写真を撮りに出かけるのは久しぶりです

近所は街灯も少なく真っ暗
家々の玄関先のランプが優しくきらめきます

IMG_1710.jpg

ひんやりとしたアスファルト

IMG_1715.jpg


電話ボックスも昔に比べ随分と減ったような気がします

IMG_1713.jpg


小学生時代が懐かしい

IMG_1717.jpg

ブレちゃったけどなんだかSFな感じ

IMG_1720.jpg

F値の低い、明るい単焦点レンズを持っていくか
普通にいつも使っているズームレンズを持っていくかでちょっと悩んだのですが
今日のお供はズームレンズにしました

これは自分の影

IMG_1718.jpg

さて川辺へ参りましょう



川辺には道路が走っていて、運搬のトラックなどが常に走っています
並ぶ灯りが淡く輝いて素敵

IMG_1730.jpg

わざとピントを外すとこんな感じにボケてさらに素敵

IMG_1723.jpg

なにかを思い出させてくれるような色

IMG_1727.jpg

遠く、遠くに光

IMG_1736.jpg


流れていく車たちや、淡い街路灯を見ていると、子供の頃に父が運転する車で旅行に行った時の事などが浮かんできます
自分は後部座席で、流れてくるカーステレオを聴きながら、同じように流れていく景色を眺めているのが好きでした
今となってはもう家族そろって車で遠出する機会は減ってしまい、更には自分は運転する側になってしまったのが
少し残念ではあるかなあ


赤信号のおじさん

IMG_1755.jpg


だんだんと明るくなって来ました
夜中のうちは真っ暗で足元がみえないし、コウモリが飛んでるしで、若干怖いです

IMG_1744.jpg

暗い所を撮るのはやっぱり単焦点レンズさんの方が得意ですね
ズームレンズだと高感度耐性があってもノイズがのる・・

IMG_1752.jpg

写真はないのですが、川の畔に1匹の野良猫がいました
あの子はずっとこのあたりで1人で生活しているのかなあと思うと切なかったです
寂しくはないのかな



朝陽を見るのが何だか野暮な感じがしたのでここでお家へ
夜という時間はなぜだかいろんな事を考えたくなりますね

IMG_1762.jpg

うーん、今度はどこかへ夜景でも見に行きたい!
というわけで今日の更新でした



category: 写真

tb: 0   cm: 0

ダークサマナープレイ日記  

稼働からついに三か月を迎えたiPhone・iPad・iPodTouch専用ゲーム「ダークサマナー」ですが
太っ腹にも、全てのプレイヤーに三か月記念賞品を配ってくれました

その内容というのが「三か月記念Aランクモンス・Aランクモンス召喚権利
Bランクモンス召喚権利×5・マイパワーポーション×3・5万円」という豪華なもの
まさかこんなサプライズがあるとは思ってもいなかったので感激です

Aランク召喚で翡翠の大兜蟲でたよー!!い・・・いらn

それはそうと、プレイして20日ちょいくらいではありますが
このゲームには他のユーザーとアイテムやカードを交換するトレード機能がついて
いまして、そのお陰もあり、緑パーティとしてはかなり強い部類に入る
「妖精さんパーティ」を結成することができました

写真 12-05-24 12 15 39

右二人は見た目も妖精さんですが、左三人が妖精っていうのがね・・・なんだかね・・・いいね!

この上にはAA、AA+というランクの更に強いモンさんがいるのですが
リアルマネーに換算するとそれこそ一枚3万4万するような価値があるとされているので
そんな方々には流石に手が出ません
ここからはまったりまったりとやって行こうと思います

明日からは「B・B+ランクモンスター限定バトルトーナメント」というイベントが始まりますが
賞品は一体何になるのでしょうね・・・?一応それ用にモンさんを育てておいたので
こちらも適度にまったりな感じで挑みたいと思います(´`)
新モンスターも追加されるようですし楽しみですね!

あと最後に・・・神経衰弱が無理ゲーすぎて泣きそうです

category: ゲーム紹介&レビュー

tb: 0   cm: 0

今日の野良猫さん  

自分が餌をあげている野良猫ファミリーと最近仲が良くなってしまって
行動を共にするようになったどこぞの野良猫さんが寝てました
野良猫の世界ではどうやって友達を作るのかな

IMG_1705.jpg

あと近所の神社

IMG_0385.jpg

IMG_0403.jpg

IMG_0411.jpg

IMG_0429.jpg


写真を撮っていたら、たまたま自分の持ってる機種の先輩機であるEOS 7Dを持ったおじいさまに話しかけられて
このあたりにはどこらへんにどんなかんじの神社やお寺があってどういう由来で建てられたか、みたいな話を
して頂けたのですが由来は忘れてしまいました

IMG_0151.jpg

あとツイッターで前にアップした猫さん
野良猫ファミリーの父親猫だと思うのですが、喧嘩をしたせいか耳は欠けてるし目の上は怪我してるしで怖い・・

猫の世界も色々と大変そうです

category: 写真

tb: 0   cm: 2

ドラゴンズむち子  

カプコンが5/24に発売する、ドラゴンズドグマのデモ(体験版)で遊んでおりました

最初トレーラーを見た時は「なんだかスカイリムっぽいゲームが出てきたなあ」くらいに
思っていたのだけれど、いざやってみるとモンハン的なアクション要素が強くて
これはこれで非常に面白そうだなあと思ったですよ
敵の背中によじ登ったり、効果的な攻撃を加えることで敵の動作が変化したり、
ここらへんは流石カプコンという感じで、安心して見ていられる部分かなと

そんでもってこのゲーム、体験版でキャラクターメイキングが可能です
ここらへんもモンハンぽいと言えばそうかもなんだけれど、要は
キャラクターの外見や声なんかを特定のパターンの中から選んだり
好き勝手変化させることができるのです

ベセスダの「フォールアウト3」のキャラエディットに一番近い感じかな?
そんでそれをやって遊んでいました

普通に良い感じのおじさまを作ろうとすると無難にこんな人が出来上がります

写真 12-05-20 1 53 39

でもそれじゃつまらん!と思って髪型を変えるとこんなになりました
男性でも女性の髪形を選べる不思議・・・

写真 12-05-20 1 52 07

更にいじるとこんなクリーチャーができました↓
完全にオネエです
オネエだけれどじじいです
こんな人が主人公のRPGとか嫌だわ・・・・こわいわ・・・

写真 12-05-20 1 59 21


男性主人公をとりあえず作り終えて、ある事を思いつきました
このゲームにはお供がぞろぞろついてくるのですが
「その中の1人をむち子さんにしたら面白いんじゃね!」と

ちなみに「むち子さん」というのは自分が作ったオリジナルキャラクターで
フルネームを藤原夢智子さんと言います

こんな子です
ピクシブにも投稿してむちむち好きの方からご好評頂きました


しかしね!なんというかツヤのある贅肉というか
抱きつきたくなるむちむち加減がなっかなかできないのですよ!
あとお顔ね!極端にババアっぽくなってしまったりで中々可愛くないらない!
15分くらいあーでもないこーでもないって試行錯誤して生まれたのがこちらです

写真 12-05-20 2 22 30

写真 12-05-20 2 24 07

写真 12-05-20 2 23 41

あ・・・・アクセサリーが・・・ない・・・・めがねが・・・・ない・・・・・
でも遠くから目を細めて見てみるとむち子さんっぽく見えない事もないような

ちなみに彼女、戦場では鎧を着ておっきな剣をずるずる引きずりながら戦ってました
戦ってるとフィールドで「むちこ」って名前が出るのがちょっとかわいい///
「バイオハザード6」の先行体験版DLコードがついているのが大きいですな


このあいだ紹介したiPhone・iPodTouch専用もしもしゲーの「ダークサマナー」は
割と良い感じとされている逢魔時のヴァルキリーさんと
蟲惑するアルラウネさんを見事手に入れる事ができました
これはAランモンさんのヴァルキリー・アルラウネを2枚手に入れて
合成する事で手に入るモンさんです
リアルマネーに換算すると2500~3000円とかになるのかな

写真 12-05-17 0 40 34

写真 12-05-18 1 39 04

このゲーム、サイレントヒル1~3のクリーチャーデザインをされて
三角頭の生みの親である伊藤暢達さんに、平成ライダーや歴代のレンジャーの数々のクリーチャー・キャラデザを
されていた篠原保さん、同じく仮面ライダーカブト・以降のライダーや牙狼などの
クリーチャーデザインをされている韮沢靖さんに、もうそのお名前を見ただけでおおっとなる
雨宮慶太さんもメインで参加されているという、かーなーーり豪華なもしもしゲーになっています

こないだの記事に書いておけよっていうね・・・ほんとにね・・・

なので、純粋に「クリーチャーのイラストが好き」とかって方にとっては
もしもしゲーの中でも特におすすめしたいタイトルですし、逆に言えば
これほど「かっこいいクリーチャー」に焦点を当てた携帯向けゲームは今のところ他にないような気がします

勧誘したりとか無理に誘ったりするわけではないんだけれども、ここまできちんと作りこんでいて
運営に好感持てるもしもしゲーもそうそう無かったので、今のところわたしのイチオシです


iPhone・iPodTouch持ってる方で興味があったら、是非はじめてみてくださいな(´`)

その時は紹介ID「2196105225」をお願いいたします
お互いにいいカードが貰えてしまいます



画像を縮小するのに便利なフリーソフトのお話は次回の更新で!

それではまたの助(´ω`)


category: ゲーム紹介&レビュー

tb: 0   cm: 0

最近撮った写真をちょこっと  

最近撮った写真をちょこっと紹介
「ブログ用に写真のリサイズするのめんどいなー!」と思っていたら
かなり使いやすいフリーソフトを見つけたので、次回の更新で紹介したいと思います

Photoshopのバッチ処理でやってみてもいいんだけど、手順があっちはあっちで
面倒だし、画像の劣化を抑えるが故にファイルサイズが大きくなりがちだかんね・・・
餅は餅屋ですね

という訳で写真写真

IMG_1233.jpg

夕焼け大好きです
いつの間にか空が暗くなっていると少し哀しい

IMG_1577.jpg

川辺へ来ました

IMG_1567.jpg

人物を撮るのはあんまり好きでないのですが、こうして
楽しそうな家族を遠くから眺めているとそれはそれでまた良いものだなと
自分たちの家族は他の人から見てどう映っているのでしょうか

IMG_1580.jpg

お花シリーズの始まりですが、名前がひとつもわかりません

IMG_1587.jpg

中級機の一眼レフに買い換えてから、高感度耐性がアップして割と暗いところでも
バシャバシャ撮れるようになったのが一番大きいです

IMG_1598.jpg

よく見てみるとなんだかグロっちい?

IMG_1589.jpg

しかし色が美しいですね、お花というのは・・・・

IMG_1654.jpg

今年に入ってから既に三回も行った新宿にある猫カフェ「きゃりこ」にて
猫かわええですね・・・

名称未設定 1

最後はつい先日のスーパームーン
人類がここへ行ったことがある、っていうのが不思議ですね
200mmのレンズだと若干ズームが足りない・・・!

そうそう、この間ツイッターで連投した猫カフェきゃりこの写真ですが
フォロワーのあいぽむさんが親切にもまとめて下さいました

ぬこぬこ写真 Photograph of ironboy1203

こないだきゃりこ行ったとき、財布を新宿駅で落としたんだけども
その15分後に交番行ったら届けてもらえていたというね!
しかも「是非お礼したいんですけど・・」って言ったら
「急いでるからいいです」と、名前も残さずに立ち去ってしまわれたんだそうな

わたしのひねくれた心が若干こう元の方向にね・・・戻った感じのね・・・
あの時お財布拾ってくださった方ありがとうございました・・・!
ここでお礼を言わせてください!

しかし写真はいいものですね・・・
今度また適当に貼って行きたいと思います
そんな感じで今日はおやすみなさいませ(´`)

category: 写真

tb: 0   cm: 0

オススメのiPhone専用もしもしゲー、「ダークサマナー」の紹介  

皆様こんにちはあいろんです
最近夏のように暑かったり雨降ったり寒くなったりともう面倒ですね
世間では車の事故が連日ニュースで取り上げられたりしているので
わたしは恐ろしくてお家の外に出られない毎日を送っております(嘘です

さて話は変わって、最近始めてみたもしもしゲーの「ダークサマナー」と
いうゲームが割と良質なゲームだったのでちょっと紹介してみたいと思います
要は「ドリランド」や「モバマス」などといった携帯電話向けカードゲームの
システムの流れを汲んだゲームで、iPhone専用となっています
先に何をもって「これはいいな」と感じたかという部分を説明すると、

・カードのグラフィック、全体的なアイコンやエフェクトデザインが他のゲームに比べても独創性があり美麗
・カードを得られる、所謂「ガチャ」を引ける権利が無課金でも非常に多く、また割とレアが出やすい
・運営の対応がとても丁寧で、随時開催されるイベントも初心者にとって優しいものが多い

そんな所です、ゲーム画面のスクリーンショットを撮ったので、それらを貼りつつ
解説していきましょう

写真 12-05-16 19 49 39

ゲームのアイコンはこんなです、なんだかダークな感じですねぇ、ぇぇ・・・
iPhoneの壁紙は、自分で描いたむち子さんっていうキャラなんだ
この世のもんじゃないくらい可愛いですねぇ、この子ねぇ・・・

写真 12-05-16 19 42 12

メニュー画面はこんなです
自分のパーティ(5体までで編成できる)が一番上に表示されるようになってます
画面上の数値は、左上から
「パワー、バトルポイント、お金、ソウルポイント」の4つです
パワーはミッションと呼ばれる、ステージをクリアする動作に必要なポイントで3分で1ポイント回復するのです
バトルポイントは、他のユーザーと対戦する際に消費するポイントで、こちらは1分で1ポイント回復するのです
お金はモンスター(以下モンさんと呼びましょう)を強化するのに必要で、特にアイテムが買えたりはしません
ソウルポイントは課金によってしか増えないポイントで、ガチャやアイテム購入に必要なポイントです
iTunesカードの1500円で、ソウルポイントに換算すると1920ポイントになります

メニュー画面を下に下がるとこんな感じ
写真 12-05-16 19 42 16

基本的なゲームの流れは、どのもしもしゲーも殆ど一緒です
パワーを消費してミッションをクリア、途中で得た雑魚キャラのカードを素材にして
他のカードをステータスを強化し、他のユーザーとの勝負に勝って俺TUEEEEするのです
レアカードが手に入れば、他者からみてそれがステータスになる訳ですね

ミッションはこんな感じ↓

写真 12-05-16 19 42 24

「どこどこへいってあれしてきてください」と言われるも、
プレイヤーがすることはただ一つ、画面のクリックだけです
そこに簡単だとか難しいというゲームバランスはないのが、こういったもしもしゲーが
ライト層を取り込んで、ゲームとして急成長を遂げた理由の一つかなあと思います

ミッションを進めていると、モンさんのカードがちらほらともらえます
そのカードをどう使うかというと、強めのモンさんのレベルを上げるための生贄になってもらうのです
こわいですねぇ、これが格差社会ですねぇ・・・

写真 12-05-15 23 27 35

カードにはそれぞれランクがあって、基本的にはAA>A>B>Cの4つです
強化することでAがA+、AAがAA+になったりしますが、CがB、BがAになったりはしません
他のゲームでは1枚のカードに、それと同じカードを4枚や8枚合成することで
どんどんランクの上がるタイプのゲームもあるのですが、個人的にはそういったゲームは苦手です
強いカード手に入れたらその場でとりあえず喜びたいでしょう!
このゲームは、同じカードをもう1枚合成することで進化が完了するので、そういった面でも
初心者の方やライトユーザーにもオススメなのです

試しに今もっているAランクのアルラウネさんに、Cランクのおじさんを8枚、生贄に捧げます
悪いですが、このCランクのモンスターというのは生まれながらにして生贄としてしか
使用価値のない方々なのです・・・

ではいざ生贄タイム!


写真 12-05-14 22 57 12

ぶしゃーーー・・・・

空から巨大な針のついたプレートが落ちてきて、おじさんたちは
魂となったのでした・・・・

正直言うとね、これはさすがに可哀想すぎる!
でもこれがダークサマナーなんです、ダークな世界なんです・・・!

写真 12-05-15 23 27 53

生贄の魂を吸ったことで、アルラウネさんのお胸のサイズがアップしたようです
モンさんたちはこうしてどんどんと強くなっていくのです


さてさて、こうして強化したモンスターを他人に見せびらかす場が「バトル」です
バトルのメニューはこんなかんじ
写真 12-05-16 19 42 36

バトルには、上で説明したバトルポイント=BPを使用します
BPは各モンスターの強さによって個別に違っていて、自分の持っているBPが
組んだパーティの総BPを上回っていれば全員出撃が可能になります
画像のように、BPを消費してから回復しきっていないと、弱いモンさんが自宅待機になります

対戦相手がずらーっと表示されるので、ボコしたい相手を選びましょう
写真 12-05-16 19 42 39

相手の強さは、レベルとリーダーにしているカードのランク、そしてレベルの右に表示されている
バトルポイントの総計である程度わかります
バトルポイントが小さい=BPの小さいモンさんでパーティを組んでいる=それほど強くない
バトルポイントが大きい=BPの大きいモンさんでパーティを組んでいる=強い可能性が高い

バトルで得られるものは、今の所「戦績ポイント」という、ランキングに関係してくるものと
「お金(合成に必要)」の2つだけです、特に何かアイテムを取られたりはありません

ではモンさん同士のケンカの始まりです
真ん中に大きく表示されているのがリーダーです

写真 12-05-16 3 08 50

モンさんはスキルを持っているものがいて、先制攻撃や会心攻撃率アップ、
相手の攻撃力ダウン、自軍の攻撃力アップ等々、様々なスキルがあります
上級者になってくると、強いモンスターを育て上げるのにこのスキルが非常に
大事になってくるんだと、おばあちゃんが言っておりました

写真 12-05-16 3 09 01




相手を見事ボコすと、勝利画面が表示されます
今回消費したBPが差し引かれて、お金と経験値、戦績ポイントが貰えました

写真 12-05-16 3 09 16


バトルはこんな感じです、1分で1ポイントたまり、戦略の幅がいい感じに広いので飽きさせません
他のもしもしゲーでは、この「スキル」や、特定のモンスターでパーティを組むことで発生する「コンボ」が
異様にややこしかったり、強力すぎたり、奥が深すぎるものもあったりするのですが、ダークサマナーは
ちょうどいい具合かなあと思います
浅すぎず、奥が深すぎずというバランスは大事だなあと

今までの戦闘記録やモンさんの収集具合は、ステータスとして保存されています

写真 12-05-16 19 50 40

他のもしもしゲーも同じですが、このゲームでもフレンドを増やすことで
パワーやバトルポイントにボーナスを授かる事ができます
要は「どんどん横のつながりを作ればあなたも友人も得をできるよ」ということ
こういったゲームの作りも、もしもしゲーが一大産業となったきっかけの一つなのでしょう

一度手にしたモンさんの画像はいつでもコレクション画面で閲覧可能です
写真 12-05-16 19 43 24

Cランクというのは一番弱い立場のモンさんなのですが、それでも
かなり丁寧に絵が描かれているのが一番好感が持てたポイントです

写真 12-05-16 19 46 46


写真 12-05-16 19 46 10


写真 12-05-16 19 46 23


まあ弱いモンさんには色違いの使い回しも一部あるけれどもね・・・!

写真 12-05-16 19 47 06

でも厚塗りで描かれたグラフィックは見ているだけで絵の参考にもなりますだ

写真 12-05-16 19 46 54

Cランクモンスターでもこの完成度です



モンスターとプレイヤーにはそれぞれ派閥があって、
3つの派閥で勢力争いをしている形になっています
バトルでランキング上位に食い込むと特別報酬が貰えるそうですが
自分はそこまでまだまーだ行けそうにありませぬ(´`)

ちょっと強いモンさんは割と気合の入った絵が多いです

写真 12-05-16 19 47 29


うーん、かっこいいですねえ・・・!
この下のキュウキさんは今開催されているイベントで大活躍できるお陰で
交換・売買レートの上がっている虎さんですね


写真 12-05-16 19 47 59


カードの情報を見ると、イラストレーターさんの名前もそこに書いてあります
iPhone内での画面を下げると載っております


写真 12-05-16 19 48 21


わたしの主力のヴァルキリーさん↓
写真 12-05-16 19 48 43


昨今の話題で「コンプガチャ」が消費者庁から中止要請が出て、モバゲー・グリー株が
ストップ安まで下がった件については記憶に新しいと思いますが、ダークサマナーはそういった
露骨な金儲けというか、ユーザーから金むしりとってやろうぜ!的な空気はあまり漂っていません
コンプガチャも搭載していないです

「じゃあどうやってAランクなどのレアカードを手に入れるのか?」というと、
このゲームはとにかくガチャを無料で引ける機会が多く設計されているのがポイントです
一日一回ガチャを無料で引けるのはどのもしもしゲーも基本的に同じだと思うのですが
ダークサマナーは「ツイッター・オープンフェイント・フェイスブック」の3つとリンク可能で、
3つのアカウントを使用することでそれぞれにつき一日一回、ガチャの権利を得られます
つまり3つ全てとリンクさせれば、一日に4回無料でガチャが引けるというわけなのです

加えて、ミッションの途中で得られる「フレンドポイント」というものを貯めることでも
ガチャを引くことが可能で、フレンドポイントは常時開催されている何かしらのイベントで
ぽんぽこ溜まるので、それこそ一日に10回20回ガチャを引けるゲームデザインになっています
友人を紹介した時にもらえる紹介ガチャ権利を使っても中々のレアカードが出てくるあたりが太っ腹です

写真 12-05-16 19 42 53


さすがに有料ガチャに比べて無料ガチャはレアカードが出る確率は下がってはいますが、
地道に進めることでそこそこのカードを得られる設計は優しいなと

更に無課金組がレアカードを得る機会が、上でも書いた、ほぼ常に開催されている何かしらの「イベント」です
イベントは「ログインするだけでスタンプが貰える」ような、それこそ小学生の頃の夏のラジオ体操のような
ものと、「パワーポイントを消費してミッションの途中で目当てのアイテムを回収する」タイプの2つのものが
平行して開催されている事がおおいです

そこに特典として「Aランクモンスターが必ず出るガチャ券」があるため、無課金でも地道に進めたり
毎日ログインしているだけで強いモンさんが集まって行くという仕組み

写真 12-05-16 19 51 05

こんな感じで、常時何かしらのイベントが開催されてます(´ω`)



さてさて今日のお話のまとめ

幼稚園児の頃に父がMSX2で沙羅曼蛇やらイーアルカンフーをやっていたせいで
自分も昔からビデオゲームといったものに興味がつよく、今までにもいろいろなゲームを
プレイしてきましたが、携帯電話向けに、回復アイテムを売ったりガチャを引かせることで
利益をあげるゲームがここまで産業として大きくなるとは正直思っていませんでしたし、また
実際にプレイしてみて、ここまで楽しいものだとも思っていませんでした

1人でやってるとそれほどでもないと思うんだけれども、友人と「こんなカードがでたー」とか
「これとこれ交換しようー」みたいな、リアルのTCGみたいな感覚で遊べると非常に面白いです

あとダークサマナーをやっていて一番強く感じたのが、ユーザーを楽しませようという
意志・姿勢に好感が持てるなというところで、「この完成度だったら課金してもいいかな」と
つい思っちゃったよ!

自分は過去に、家庭用据え置き機や携帯ゲーム機で、非常にわくてかしながら
新作を買ってみたら、数時間でクリアできてしまうような中身の薄いゲームだったり、
想像とはかけ離れたクソゲーだったりした苦い思い出がちらほらとあります

そういったゲームに泣かされることに比べると、基本料金無料で、課金したくなったら
好きな量だけ課金できるというシステムは、逆に良心的に感じますだ
携帯電話だけで起動できてしまうっていう手軽さもヒットの秘訣なのでしょうね

今までもしもしゲーを「どうせ携帯電話向けのしょっぱい商売でしょー!」と思っていた
部分はありましたが、これはこれでユーザーを夢中にさせ、満足できる力を持っているんだなあと
今では感じております

多分だけれど、こういった形態のゲームは、携帯ゲーム機なんかに代わって
これからの主流、お金稼ぎの主力になると思うし、そうそう短い期間じゃブームは終わらないと感じます
もしもしゲーの行く末はどうなるのか、今後も見守っていきますだ!

あとですね、最後になりましたが、ダークサマナーには友達紹介特典というものがあります
自分はヴィリディスという緑色のギルドに所属していて、
ユーザーIDが「2196105225」です
ギルドが同じだとフレンド登録ができますし、今から始める方はこのIDを紹介IDとして
入力することで、最初から強いカードが手に入る可能性が高くなります

興味がありましたら、ダークサマナーを遊んでみてはいかがでしょうか


ほいじゃあのんに花束を(´`)


category: ゲーム紹介&レビュー

tb: 0   cm: 5

■最新・名作ゲーム実況解説プレイ、YouTubeにて公表配信中!

■よちよちカウンター

■このブログについて■

【お知らせ】

■書いてる人

■自己紹介

■最近のお絵かき

■人気記事を見ていって下さいませ

■カレンダー

▲ Pagetop