アクセスランキング

よっちーの小屋

よっちーの小屋 ホーム »2012年11月

【過去記事からランダム紹介!】

【当ブログと一緒にアクセスアップを目指しませんか?相互RSS大募集中です!】
【左上の「よっちーの小屋について」へコメント下さるか、もしくは管理人へメールを下さいませ】

コールオブデューティ ブラックオプス2 ベテラン攻略&レビュー&ストーリー解説総まとめ  

先日書いた「コールオブデューティ ブラックオプス2 発売日当日攻略&ストーリー解説 CoD BO2」の記事で
ストーリーの流れや登場人物の関係などをずら~っと解説しましたが、更にベテラン攻略が終わりましたので
またも記事を書きたいと思います

以下にはネタバレを含んだ内容がありますので、知りたくないという方は記事を見ないで頂けると助かります
それ以外の方は、続きを読むから続きをどうぞ



-- 続きを読む --

category: ゲーム紹介&レビュー

tb: 0   cm: 7

コールオブデューティ ブラックオプス2 発売日当日攻略&ストーリー解説&ネタバレ CoD BO2  

さて、ついにやってきましたコールオブデューティ:ブラックオプス2の発売日です

ブラックオプス1で主人公の命を救う代わりにクラフチェンコと共に死んだと思われていたウッズが
実は生きていてよぼよぼおじいちゃんになって出て来、またその舞台は2025年と1980年台を
行き来するという、近未来SFFPSと化したブラックオプス2の攻略をスタートしていきたいと思います



記事にはネタバレが含まれますので、内容を知りたくないという方は
記事自体を読まないで頂けると助かります



それ以外の方は「続きを読む」からどうぞ

※内容は徐々に追記・加筆していきます
 おおまかにまずはあらすじを書き、要所要所を更に細かく解説していく予定です
 ベテラン難易度は23日にクリア予定です
-- 続きを読む --

category: ゲーム紹介&レビュー

「DmC:デビルメイクライ」の体験版がリリースされましたのでレビュー・感想を  

全国に何人いらっしゃるかは分からないデビルメイクライファンのみなさまこんにちは

デビルメイクライシリーズの新作(とはいっても海外開発の別ゲーですが。。)の
DmC:デビルメイクライの体験版がリリースされたので早速遊んでみました
先に結論から言うと、コレジャナイ感が強くて今回はスルーしようかなと思っています

youtubeに、他の方のアップされていた動画がありましたのでリンクを貼らせて頂きます


一応難易度は上から2つのサンオブスパーダとデビルハンターの2つをどちらも最低3周は遊んでみました
当たり前ではありますが、デビルメイクライ1~4とは結構仕様が異なっていて、最初は全然慣れませんでした

ストーリーはというと、「9000年前にスパーダがムンドゥスにより殺されてしまい、覇権が入れ替わった事で
ムンドゥスはやりたい放題するようになり、悪魔のスパーダと天使の母親(エヴァ?)の間に生まれた
双子の兄弟であるバージルとダンテは協力してムンドゥスを討ちにいく」というもの
バージルとダンテは、今作だと天使と悪魔の間の子になってしまったのですね

これが操作説明の画面になります
写真 2012-11-21 19 19 11

大半の方はまず思うでしょう、エンジェルモードとデーモンモードってなんやねん、と
体験版は基本的に主力武器はただの剣1本で、サブ武器&特殊行動的な位置づけでこの
エンジェルモードとデーモンモードの2つが用意されています
銃はおなじみの2丁拳銃ですね

エンジェルモードは青い鎌で素早い攻撃を繰り出し、LT+Xを押すことで鞭のようなものが出てきて、
空中の特殊オブジェを掴み移動が可能(DMC4のネロのスナッチ移動とおなじ)で、敵に向かってこれを出すと
敵の元へ瞬時に移動が可能(スティンガーのダメージを与えない版みたいなかんじ)になっていました

デーモンモードは赤い鎌で一撃が重い動作の遅い攻撃を出し、RT+Xで同じく鞭のようなものが出てきます
こちらは引っ張ると出てくるタイプの足場を引っ張るのにつかったり、敵に向かってつかうことで
敵を瞬時に自分の元へ引き寄せる(DMC4のスナッチそのままの効果)ことができるようになっています

後は回避行動がRBorLBで、空中でも可能になったのが大きいでしょうか
大乱闘スマッシュブラザーズの、空中避けのような感じでした
慣れれば大抵の攻撃は避ける事ができると思います


とまあそんな感じなのですが、ぶっちゃけた話このゲームの操作は慣れるまでかなりプレイしにくいように感じました

作は今まであった敵のロックオン機能が無くなっていて、同時に
方向キーと組み合わせて出すような技もすべて撤廃されてしまっています
例えばDMC4の、ネロで敵をロックした状態で後ろ→前+剣攻撃などの技がありましたが
ああいったものが今回は体験版では見当たらず、敵を真上に切り上げるハイタイムも
Bを長押しに
という改変がされています
スティンガーは「前前+Y(近接攻撃)」というコマンドで出すことが出来ました(何故か表記がない)が、
今までの、ロックオンしつつ前+近接に比べるとちょっとやりにくい印象があります

今までのシリーズをバリバリにやりこんでいたタイプの方はまず何より操作で混乱すると思いますし
この操作が今までより良くなったのかどうかと問われれば、素直にYesと言うこともできないかなと感じます
今までだと、通常攻撃の3発目の直後にスティンガーや他の技を織り交ぜ、そこからハイタイムで~といった
ような流れるコンボ運びが直感的に出来ていたのですが、今作は、体験版ですと特殊技がエンジェルモードと
デーモンモードの2つしかないので、技・コンボのバリエーションは単調になりがちな雰囲気が漂っていました

それともう1つ残念だったのが、敵キャラです
難易度デビルハンターとサンオブスパーダでは登場する敵の種類が大きく異なっていたのですが
難易度があがるとこの敵はこの攻撃しか受け付けないという敵が増えてくるんですね

動画の20分15秒あたりで出てくる空を飛んでいる敵はデーモンモードの鞭で引き寄せようとすると
高確率で瞬時によけてしまうため、エンジェルモードの鞭で接近してから攻撃しないといけなかったり、
動画の20分30秒で出てくる青い敵と赤い敵はそれぞれ冷気と熱気で攻撃してくるのですが
通常攻撃ははじかれ、それぞれエンジェルモードとデーモンモードの攻撃しか受け付けてくれません

こういった敵が同時に4,5体などまとめて出てきてしまうことが目立ったので、今までのDMCのように
悪魔を手当たり次第切り刻んでやるぜー!というよりは、あなたにはこの攻撃ね、あなたにはこれね・・といった
ベルトコンベアで流れてくる敵を仕分ける作業のようなものをさせられている気分になってきてしまいました
DMC4でもブリッツなどの厄介な敵はいましたが、登場シーンはそれほど多くありませんでしたし、
全体的なバランスとしては上手くまとまっていたので、やっぱり日本のカプコンのクリエイターさんは
わかってて作ってるんだなと改めて思い知らされました
好き嫌いのあるところだとは思いますが、自分は爽快感より作業感の方を強く感じてしまって
あんまり夢中になれなかったです

このDmCを制作したスタジオのNinjaTheoryという会社が2年前に発売した「Enslaved」という
最遊記をベースにしたアクションゲームがあったのですが、アクション要素はそれほど強くなく
背景美術にやたらと力を入れているイメージが強かったのを記憶しています
今作DmCは、今までのデビルメイクライというよりは、Enslavedに近いような雰囲気も感じました


DmCも背景は結構綺麗で、足場がガックンガックン動いたり通路が崩れたりというギミックがあるのですが
それらに感動するのって1周目のプレイだけだと思うので、アクションゲームだと逆に面倒かなあとも
少しプレイしていて思いました
「エルシャダイ」というゲームが過去にありましたが、あのゲームもこの欠点が強かったです
マリオならともかく、DMCのようなアクションゲームで「落とし穴に落ちて死ぬ」のはちょっと違うんじゃないかなと
思ってしまいます

ていうかこの動画の最初に映ってるNinjaTheoryのディレクター、あなた自分をダンテのモデルに
したんだろうと!


振り返ってみて、今までのデビルメイクライはそれこそ格闘ゲームのような要素が強かったなと今になって思います
技の無敵モーションを利用して敵の攻撃を紙一重でかわした直後に攻撃を叩き込んだり、エネステなどを使って
行動をキャンセルし、通常ではありえないコンボで敵をぶちのめしたりと、知れば知るほど味が出てくる
スルメのようなシリーズでした(特に3と4)

ただ今作のDmCは今のところ体験版だけではありますが、そういったアクション的要素はそれほど
強くないんじゃないかなと感じてしまったという部分が何よりも大きかったです
製品版でもしかするとストレスを感じる部分はガラリと変えられていたり、調整が加えられていたり
する可能性ももちろんありますが、発売日に意気揚々と飛びつくには少し物足りないかな・・という所です

とりあえずはレビュー待ちに徹しようかなと思います
さてさて今日はCoD:BO2の発売日です
発売日当日ストーリー攻略&解説をしていきますのでよろしくどうぞ

デビルメイクライの体験版に対しての感想なんかもコメントで募集しておりますので
お気軽にコメントしていってくださいね( ´` )

category: ゲーム紹介&レビュー

4日後に日本発売、コールオブデューティー:ブラックオプス2の予習  

追記:11/23
本編をクリアしたので、詳細なストーリー解説やあらすじネタバレはこちらのページでご覧いただけます
Call Of Duty:BlackOps2 コールオブデューティー:ブラックオプス2 発売日当日攻略&ストーリー解説&ネタバレ

海外版は既に発売されているCoD:BO2ですが、日本ではついに4日後に発売です
スクウェアエニックスは過去のシリーズのローカライズで様々なポカをやらかしているので
BO2も何かしら変な所がありそうで少し心配であります
MW2では「ロシア語は話すな」という意味の「No Russian」というセリフを「殺せ、ロシア人だ」と
表記したり、MW3ではキャラがセリフを喋っているのにも関わらず字幕が表示されなかったりと
もうそれはそれはとんでもなかったです



さて前作のMW3でギネス記録を更新したCoD:BO2ですがシリーズですが、早くもBO2は
その上を行ったり、高レビューを記録したというニュースが続々あがってきています

「Black Ops 2」の初日セールスが5億ドル(約405億円)を突破、Modern Warfare 3の記録を大幅に更新

『コール オブ デューティ ブラックオプスII』予約数がAmazonのゲーム歴代記録1位に

海外レビュー速報 『Call of Duty: Black Ops 2

オンライン対戦も話を聞く限りではMW3よりもバランス的には良いそうですね
スコープの倍率をエイムしつつLスティック押し込みで変更できる点は早く触れてみたいものです

CoD:BO2の前日譚である「ブラックオプス」はそのストーリーの秀逸さから
海外サイトの選んだ「ストーリーの最も良かったゲームランキング」なんかにもランクインしていましたが
若干複雑なところがあるので、おさらいしておいたほうがいいかと思います
ブラックオプス2には、ブラックオプスの主人公だったアレックス・メイソンの息子、デイビッド・メイソンが
プレイヤーキャラとして登場したり、ウッズもよぼよぼのおじいさんになって再登場したりと、
ブラックオプスとの繋がりが非常に強いんですね

前日譚であるブラックオプスは大体1961~68年あたりのお話で、ブラックオプス2は
なんと1980年代、そして2025年へと一気に飛ぶので各キャラも歳を取っているのです

ヤフー知恵袋に丁寧な解説があったので、ブラックオプスのストーリーのおさらいはこちらからどうぞ

ブラックオプスのストーリー解説

時系列を追いながらの解説はこちらの方もわかりやすいです

暗号解読第8回:ネタバレ厳重注意「Call of Duty: Black Ops」のシングルキャンペーンに隠された謎

ブラックオプスは「敵に捕らえられたメイソンが洗脳をうけつつも、ドラゴヴィッチ、クラフチェンコ、シュタイナーの
3人を倒し、洗脳は解けたように見えたが、実はまだ洗脳は残っていてケネディ大統領を暗殺してしまう
(時系列的にいえば、ミッションの途中で殺害してしまっている)」というお話でした

「オズワルドでなく、主人公であるメイソンがケネディ大統領暗殺の真犯人だった」ということは、つまり
ブラックオプス2のプレイヤーキャラのデイビッド・メイソンは「ケネディ大統領暗殺の真犯人の息子」と
いうことになると思うのですが、このあたりがストーリーにどう関わってくるのかがすごく気になっています

ネタバレはならない程度に、オンライン対戦の動画がyoutubeにアップされていましたのでご紹介
大塚明夫さん似のプレイヤーさんが丁寧に解説されながらのプレイで、スティック押し込みによる
スコープの倍率切り替えもばっちり映ってます



ストーリー部分はそれほど複雑でないといいのですが、難解だとまとめるのも難しそうで・・・
プレイしつつうまく記事にできるかなあというのがちょびっと不安です

日本でも同時発売にしてくれれば、CoDの作る偉大な記録に貢献できるのですけどね
スクエニのローカライズはほんとにアテにならないので、元々入っている英語字幕も収録して欲しいです

スクエニといえば、最近こんなニュースが気になりました

スクエニの新作ブラウザゲー『ブレイブリーデフォルトプレイングブレージュ』で内部データ流出…ガチャのオンオフ設定発覚で課金者発狂

要は課金ガチャで出ると謳われているカードに「今は出ない」という設定がある(のかもしれない)という
データや、各キャラの成長率なんかの内部データが誰でも閲覧可能になってしまっていたという話です
こういうのって有耶無耶なまま忘れ去られてしまうことが多いので、真相解明してほしいですね・・

第1554回「昔の自分とここが変わったな、と思うこと」:なんか「若返った」とか「整形した?」とか友人から言われます
第1553回「個人競技と団体競技、どっちが好き?」:参加するなら団体、見るなら個人かなー
第1552回「あなたの体質は太りやすい?太りにくい?」:昔はいくら食べても太りませんでしたが最近肉が・・!

category: ゲーム紹介&レビュー

tb: 0   cm: 1

映画ワナオトコの続編、「ワナオトコ2(TheCollection)」登場  

前回の日記でちょろっとご紹介したオススメホラー映画の「ワナオトコ(原題はTheCollector)」の
続編が、11/30からアメリカで公開になるそうです

ワナオトコ2(TheCollection)の公式サイトはこちら

まずワナオトコ1のトレーラーがこちら


ワナオトコ、というのはいわゆるヘンテコ邦題で、原題のザ・コレクターというのがキャラクターには合っています
「襲った家族などの中から、お気に入りの人間を1人だけ連れさる」という事をしているんですね

そしてワナオトコ2(TheCollection)のトレーラーはこちら


お金持ちの父親を持つエレナは友人たちと秘密のパーティに出かけるも、そこでワナオトコの
襲撃にあい身柄を拘束されてしまい、それを知った父親はワナオトコから娘を救出するために
救出チームを雇い、前作でワナオトコと互角の勝負を繰り広げそして生き延びた主人公アーキンも
そのチームに加えられ、そしてワナオトコとエレナのいるであろう本拠地へ乗り込む、という話だそうです

ワナオトコ1のラストでアーキンの生死は不明な感じの終わり方でしたが、アーキンは無事生きていて
病院送りになっていたようですね、再び今度はワナオトコが籠城する所へ向かわされるはめになるとは
なんとも可哀想なものです

前作は「強盗目的で家に侵入したらたまたまワナオトコと遭遇してしまい、たまたま拘束されていた
家族を発見することでアーキンの中で”このまま逃げる”と”ワナオトコと戦い家族を救う”という選択肢を
迫られ、結果的に良心からワナオトコと戦う選択をする」という流れが動機としても秀逸でしたが
今回はそういった部分がどう描かれるのか、どう感情移入できるのかが気になります

トレーラーを見た感じだと、「SAWっぽくなった」というのが第一印象でしょうか
そして「全員でエレナ奪還に挑む→ワナオトコの罠で1人また1人と味方の噛ませ犬が死んでいく
→最後に残ったのはアーキン→(ここから先は謎だけど)エレナを無事救出?」という流れが
ある程度予測できてしまうのがちょっと残念です

予想を裏切って期待を裏切らない、という事をしてくれることを願っていますが
ともかくワナオトコ2,期待してます!

category: 映画紹介&レビュー

tb: 0   cm: 6

ホラー映画のおすすめタイトル(を教えて下さい)  

さて、冬も近づいて参りました
というかもう外へ出るのにコートが必要な時期ですね
今年はネックウォーマーを買ってきて、寒さ対策万全なあいろんです

寒くなってくると、見たくなりますよね・・・そう、ホラー映画
見たくならねえよ、という方もいらっしゃるかも知れませんが、自分の好きなホラー映画について
ちょっとご紹介したいと思います

とは言っても自分が好きなのは殆どメジャーどころなので、マニアックなタイトルはさほどないのですが( ´` )


自分が一番好きなホラー映画がこれ、「ブレア・ウィッチ・プロジェクト


映画好きでその名前を知らない人は殆どいないといっても過言ではないくらいに有名となり
モキュメンタリー(擬似的ドキュメンタリー)」や「POV(ポイントオブビュー)」という
ジャンルを確立した作品ではないでしょうか

人によっては「手振れが酷すぎて酔う」とか、「お化けもモンスターも出てこないから怖くない」と
いう意見も聞かれますが、自分はこの映画の「何も出てこない恐怖」というのが大好きなのです
というのも、恐怖の対象を例えばジェイソンだったり、エイリアンだったり、呪怨の白塗りの子供だったりという
具体像として描いてしまった場合、その対象を「怖くない」と思ってしまうともうその映画で恐怖を感じることが
自分の場合はないのですよね

この映画はその辺を低予算という都合もあり、とても上手くコントロールしていたように思います

「朝起きてみると何者かがテントの周囲にいた形跡だけがある」
「一日かけて同じ方向へ歩いて脱出を試みるも、夕暮れ時には何故かスタート地点に戻ってきてしまう」
「夜中になると行方不明になったメンバーが遠くで呼んでいる声だけ聞こえる」

幽霊や怪物は出てこないものの、このストーカーにも似たような恐怖は想像力を掻き立てられるのです
身近にいるはずなのにそれが何なのか解明できない恐怖をこの映画以上に上手く描いている映画は
あんまりないのではないでしょうか

ただ映画館で大きなスクリーンで見るよりは、自室でまったりとDVDなどで見るのが良い作品ですね
因みにですが、続編の「ブレア・ウィッチ・プロジェクト2」は超がつくほどの駄作です
時間とお金と作品への期待を損ないたい方は是非ご覧になるといいかと思います


お次はこちら、「REC(レック)」


2007年のスペイン映画で、同じくモキュメンタリー・POVといったジャンルのゾンビ映画です
主人公でレポーターのアンヘラ姉さんとカメラマンのパブロは、消防団の密着取材を敢行するのですが
出動要請のなされたアパートへ行ってみるとあら大変、アパートは警察と軍隊によってまるまる隔離され
中では何故か住民が次々とゾンビ化してしまう、という映画です

この映画はテンポがとても良く、噛まれた人間もドーン・オブ・ザ・デッドの如くあっというまにゾンビになって
襲いかかってきたりするので、刻一刻と変化する状況のせいで緊張感を損なわず最後まで見られる良作です

なぜこのアパートでだけ突如ゾンビが発生したのか?なぜ警察と軍隊は生存者の救出を行わずに
アパートをまるごと閉鎖するのか?脱出方法は?などの疑問が当然浮かびますが、それらを
適度に明かさないまま、また適度に明かしながら話が進行し、そしてラストへ、という構図になっています

さっきまで協力していた人がゾンビになり襲い掛かってくる恐怖はゾンビ映画の中でもトップクラスでは
ないでしょうか、ハリウッドではさっそく翌年に「Quarantine」というタイトルでリメイクされ、
またこのREC自体も2,3と続編が既に公開されています

因みにですが続編のREC2(3は見てない)ではヘンテコな後付け設定がなされ、こちらも
うーん・・・な出来になっています
1の見所はアンヘラ姉さんのおっぱいとマヌーの禿頭、2の見所は石原良純似の神父さんでしょうか



お次は「28日後」&「28週後」
28日後


28週後


設定としては「チンパンジーが持っていたウイルスがとあるきっかけで外部へと流出してしまい、
それに感染すると「凶暴性」が増幅され周囲の人間を見境なく襲ってしまう」というものです
28日後はそのウイルスがロンドンの街で感染拡大してしまってから28日後のお話、という意味で
28週後はそのまま28週後、という意味です

正確にいうとこの映画は「ウイルスパニック映画」になるのかもしれませんが、殆どゾンビ映画と
言っても過言ではないので世間では「ゾンビ映画」として通っているかと思います

当時としてはキャスティングはそれほど豪華ではなかったかもしれませんが、28日後の主演の
キリアン・マーフィーは現在では「ダークナイト」「TIME」「インセプション」などのビッグタイトルの
常連となった演技派の俳優さんですし、28週後には「ボーン・レガシー」「アベンジャーズ」
「ハート・ロッカー」「ミッションインポッシブル:ゴーストプロトコル」などに出演している
ジェレミー・レナーもいるという、今見るとおおっとなる映画だったりします

どちらもゾンビの恐怖をえがきつつも、「本当に恐ろしいのはゾンビよりも人間だ」と
いう部分に重点をおいている2本で、ホラー映画好きな方は見逃せないシリーズだと思います

「ドーン・オブ・ザ・デッド」も予告編を貼ろうとしたのですが、何故かリンクでの埋め込み拒否がされていました
というかyoutubeにフルであげたの誰だよ・・・



お次、ちょっとマニアックなタイトルの「ワナオトコ」




それほど有名ではないタイトルですが、マイナー作の中でも割と気に入ったのがこれです
SAWの4~6の脚本家コンビが制作したらしい作品で、Amazonの作品紹介によると

「金庫破りの前科がある内装業者のアーキン(ジョシュ・スチュワート)は、元妻が抱えた借金を返すため、
再び罪を犯そうとする。仕事を請け負った宝石ブローカーの家に侵入すると、家の中で不審な足音を耳にする・・・。
侵入者がもうひとりいることに気づいたアーキンだったが、時すでに遅し。いつの間にかドアは完全にロックされ、窓には板が打ちつけられていたのだ。「人間」を痛めつけ収集している‘ワナオトコ’が仕掛けた、
華麗かつ残虐トラップの数々が襲いかかる中、アーキンは脱出できるのか」
というあらすじ

この作品はステージを一軒家というところに限定しているのが上手い所で、主人公とワナオトコが
遭遇しそうで遭遇しないヒヤヒヤ感が常に続き、また主人公がさっき通った所にいつの間にかワナオトコが
凶悪なトラップをしかけていたり、何とか家の中にいるワナオトコに捕らわれている住民を助けだして
外へ脱出しなければならないという、自分以外の誰かをなんとかせねばならないじれったさが見ていて
とてもスリリングな良作でした

原題は「コレクター」というのですが、これは犯人であるワナオトコが「気に入った人間以外は殺し、
気に入った1人は自分がおっきな箱に入れて持って帰る」という事をしているからなのです
因みにですがパッケージのような洒落た格好はしておりません

次回作へ続きそうな終わり方をするのですが、出るのかなー?


あと期待していなかったけれど割と面白かったのがこれ「蝋人形の館」


制作にあのロバート・ゼメキスとジョエル・シルバーも関わっているというこの作品
「俺たちリア充ライフ満喫してるべ~~」みたいな感じの大学生どもが車でフットボール観戦に
むかっていると途中で車が故障してしまい、修理のために近隣の町によるのですが
その街は地図に載っていない街で、その街の蝋人形館へ入ってみると・・・というお話

設定自体は結構ありきたりですし、3度目の映画化ですが、なかなかホラーな演出が光る作品です
「蝋人形にされた友人を助けようとしたら皮膚がパリパリになっててどんどん剥がれていき、
まだ生きている友人は目玉だけ動いて涙をながす」とか、「椅子に固定されてあっつい蝋をシャワーで
ぶっかけられる」とか、「指のさきっちょだけニッパーでぶちーって切られる」とか、
一度見たら忘れられないような演出が光ります

ネタバレになるので白文字で書きますが、
実は存在するように思われていた街の住民は全員蝋人形だった」というのもおおーっとなるところでした
不気味度でいうとなかなかの作品です


そして最後に、自分のイチオシがこれ「都市伝説物語 ひきこさん No 1」


奇志戒聖さんという方が個人で制作されたCG映像作品なのですが、都市伝説の「ひきこさん」と
いうのを映像化されています

最初に見たのは4年前とかになるのかもしれませんが、CGの質感といい雰囲気といい
とにかく怖かったですね、和製ホラーの良さをCGで見事に引き出しているなあと思っていました
その後DVDが発売されて、公式サイトでは今はもう映像へのページがリンク切れになっているのですが
youtubeでは(公式かはわかりませんが)NO1の続編のNO2、3などもアップされています

日本の団地というと「仄暗い水の底から」などもなかなか怖いですよね
特に夕暮れ時のコンクリートの冷たい感じ、ジメッとした感じがもう・・


怖い映画のランキングやオススメなんかの記事をみていると、やっぱり
「シャイニング」「アザーズ」「シックスセンス」「女優霊」「呪怨」「着信アリ」「セッション9」
「SAW」「CUBE」「ポルターガイスト」なんかの名前をよく目にしますね

何かオススメのホラータイトルがありましたら教えて頂けると嬉しいです( ´` )
そうそう、それとこの前の記事で紹介した「恐怖ノ黒電話」ですが、なんと10/27~11/2で
シアターN渋谷で限定公開だったようで、今だと愛知県でしか公開していない?そうで・・
DVDが来年出ることが確定しているので、レンタル開始を待とうかと思います


category: 映画紹介&レビュー

tb: 0   cm: 2

FC2ブログで写真をクリックした際にアルバム表示でなく原寸大で大きく拡大表示させる方法のご紹介  

ブログにアップした写真をクリックすると純粋に画像だけのページに飛ばずに
アルバム表示(?)となってしまうのをなんとかしたい!と思っていたのですが
お友達のむーちゃんがその方法を教えてくれました

これはネット上で見つけてきた、可愛いクマムシさんの顕微鏡拡大写真です
この写真をクリックすると、アルバム表示になるかと思います
7c1d1d46.jpg

上の画像のソースを見てみると、
たぐ1
となっています

少しわかりにくいですが、上のソースを「<>」の区切りで簡単に3つの<>に分けます
<a href~brank"><img src~/></a>

次に2番目の<>の中のimg srcの直後の「http~.jpg(altのうしろのは無視)」をhttpから.jpgの部分までコピーし、
1番目の<>の中の「http~.jpg/」の部分にそのまま入れ替えます

ソースで表示するとこんな感じ
たぐ2

ソースを上記の方法で置き換えて、記事内に配置した画像がこちら
クリックしてみると、別窓で画像のみの画面が開くかと思います
7c1d1d46.jpg


普通にアップしただけでは大きめの画像でもクリックすると原寸大では表示されないので
非常に不便だったのですが、この方法を使うと画像そのままのサイズで表示されるので
写真を大きく見て欲しい場合にはとても有効な方法ではないでしょうか

というより設定でこれをデフォルトにできたらいいのですが、できないんでしょうか(汗
写真を大きく見せたい方は是非試してみて下さい

むーちゃんのブログ「Preliminary study」はリンクから遊びにいくことができます( ´` )
ありがとうむーちゃん!

category: パソコン関連(フリーソフト・トラブル対策など)

tb: 0   cm: 5

最近気になっているものまとめ  

仕事期間だったためにちょっとドタバタしておりました
世間ではどうぶつの森最新作などがリリースされて盛り上がっていますね
自分はiPhone5のグラフィック性能があまりに良かったので、携帯機は要らないかなあと思ってしまい
ここ最近は携帯用ゲーム機に手を出せずにいます

さてここ最近気になったもの、買おうと思っているものなどのまとめを発表したいと思います
お前のおすすめなんぞどうでもいいわとお考えの方もいらっしゃるかも知れませんが
そんな事はおっしゃらずにちょっと見ていって下さい

まず映画部門

「恐怖の黒電話」予告編


久しぶりにちょっと見てみたいと思うホラー映画が出てきました、それがこの恐怖の黒電話です
主人公が新居であるアパートの一室に引っ越してくると、設置されている黒電話に
間違い電話のような電話がかかってくるのです
また更に過去に主人公のお部屋で誰かが自殺していたことが判明し、次第に黒電話へかかってくる電話の主が
死んだはずのその女性「ローズ」であり、どうも時間軸から考えると「過去」からかけてきているという事に
気づく主人公

映画に詳しい方には「オーロラの彼方へ」という映画のホラー版といった方がわかりやすいでしょうか
周囲の人間が過去でその電話の相手の自殺したはずの女性に殺されると、現代では殺された人間は
存在しないことになってしまうので周囲の記憶から消えて行ったり、
主人公が過去で傷めつけられると現在の主人公の身体に傷が浮かび上がってきたりと、抵抗できない恐怖が
トレーラーでは描かれていて、最近のアメリカでは珍しいタイプのホラーだなと思いました
過去VS現在となるとその戦いの決着はどうなるのかなど、気になる要素が満載で、ぜひ見てみたいです
10/27から公開中


お次
またも映画ですが「もうひとりのシェイクスピア」予告編


「インデペンデンス・デイ」「2012」「デイ・アフター・トゥモロー」「ハリウッド版ゴジラ」などの
予算を大量にはたくも中身はうーんな映画を最近は撮り続ける監督、ローランド・エメリッヒの最新作です
アメリカでは去年既に公開されていたのですが、日本には1年をかけてようやく渡って来ました
自分は彼が初期に撮った「スターゲイト」という映画がすごく好きで、というかそれだけがすごく好きで
ファンを続けているのですが、今回は「シェイクスピア別人説」に焦点をあてた作品になります
シェイクスピアといえば世界的に有名な作家ですが、直筆の原稿は400年間、一つも見つかっていないそうな
そのせいでシェイクスピアの存在については色々な説があるそうです

ローランド・エメリッヒといえばヘンテコなSF等を得意とする監督さんですが、シェイクスピアの年代の
映画を撮るのは初めてだと思うので、その仕上がり具合が今非常に気になっています
12/22より劇場公開されるので、これは見に行こうかなと思っています


お次 
まーーたーーも映画です、「ザ・レイド予告編」


恐らくこの映画に言葉はそれほど要らないでしょう
麻薬王が潜むビルに、スワット隊員が突入、麻薬ギャングたちとの壮絶な死闘を繰り広げボスを倒しましょうという
映画なのですが、なんだか人が沢山死んでいくみたいです
インドネシア映画で、身体をはったアクションが見どころな一本
映画の日に1000円とかで見れたらいいな~
10/27から公開されています


お次
ゲーム部門「コールオブデューティー:ブラックオプス2」


今やギネス記録にも登録され、世界一売れるビデオゲームのシリーズと化したCoDシリーズ最新作です
前作ブラックオプスからかなり時間の経過した近未来が舞台で、
ブラックオプスに登場したウッズもよぼよぼおじいちゃんになって再登場!
CoDシリーズは1と3以外は全てベテラン難易度までクリアしてきているシリーズなので、
こちらに関してはバイオ6と同じく当日攻略記事を書こうかなと思っています

近未来を舞台にし、「ぼくのかんがえたさいきょうのぐんたいそうび」みたいなものを出してしまうと
その続編を作るのが難しくなってしまうようにも思うのですが、今後はどうなっていくんでしょう
CoDは1、2、4、MW2、MW3を開発しているInfinity Wardという部署と、
3、WAW、BOを開発しているTreyarchという2つの部署で交互に1年毎に作っているのですが
今回は後者のTreyarchの作品になり、お約束のゾンビモードも搭載されています
次世代機を持っている方、PCのスペックに余裕のある方はプレイしてみてください
11/22に字幕版の発売です

冬のゲームだとHALO4やアサシンクリード3なんかも気にはなっているのですが
過去作をリアルタイムでプレイしていてなんだか今ひとつ燃えないので見送りかなあという感じです


おまけ:今日のノラネコさん
A7OllLtCQAAi7rd.jpg


第1549回 「いつか行ってみたい【秘境の地】はどこですか?」:ラオスの山間部
第1548回 「最近『泣いた』ことは?」:最近じゃないけれど愛しのハムちゃんが死んだ時は泣いたなあ
第1547回 「最近の『イタかった』ことは?」:左腕を寝違えて、若年性のリウマチか腱鞘炎かと思う程痛かったです

category: 雑記

tb: 0   cm: 2

消防士の格好をしているイケメン照英の画像ください  

仕事場への道中の掲示板に貼られていました

写真 2012-11-02 11 03 22

ううん・・・かっこいい・・・!


どうも2013年秋の火災予防運動のキャンペーンとして照英さんが起用されたみたいですね
平成24年秋の火災予防運動

これからの時期、空気が乾燥してきますので皆様も火事などにはお気をつけて下さいね
自分は何故か、空気が乾燥してくると「上唇の更に上半分だけ異様に乾いて痛い」ということになります
同じような方はいらっしゃるのでしょうか・・・・

category: 雑記

tb: 0   cm: 0

年賀状かきかき  

気がつけばもう11月、はやいものです
「はやいものです」とか言ってられないくらいにはやいですね、恐怖すら感じますね

2012年が終わるまで残り2ヶ月・・・
「2012年」という数字は昔はSFの中の数字だったのになーー
来年なんて2013年ですよ、なんかもう各家庭にロボットとか一台くらい居そうな数字だなあと思います

ここ数年はなんとなく、知り合いには年賀状を送るようにしています
絵を描くいい機会になるからというのと、手紙という媒体が友人や自分の手元に残るという事に対して
素敵だなあと感じるようになったからというのが理由として大きいでしょうか

来年は巳年なので、ヘビをかいとりました
キャプチャ_convert_20121101003942

おっきいのはこんなかんじ


あとは細部を描き込んだりして色塗って完成かなというところです
あわーーい雰囲気の塗りにしたいと思っています
ツイッターなんかで交流のある方で年賀状を交換希望の方は是非声をかけて下さると嬉しいです(´`)
最近は年賀状を出す人も減ってしまい、わたしは悲しい・・

話は変わるのですが、FC2ブログで写真をアップした際に
上の画像のように、「画像をクリックすると大きな画像が出ずにアルバムのようなページ(?)に飛ぶ」という
現象にずっと悩まされているのですが、これってアップするときの設定をいじったりすればなおるんでしょうか
理想としては、サムネイルをクリック→画像だけが大きく表示されるページに飛ぶ、というのをやりたいのですが・・
うーんよくやり方がわからないでいます
どなたかご存じの方がいらしたら教えて頂けると嬉しいです

ていうかここ最近急に寒くなってつらい!金木犀も一瞬で枯れた!

category: 絵(illustrations)

tb: 0   cm: 2

■最新・名作ゲーム実況解説プレイ、YouTubeにて公表配信中!

■よちよちカウンター

■このブログについて■

【お知らせ】

■書いてる人

■自己紹介

■最近のお絵かき

■人気記事を見ていって下さいませ

■カレンダー

▲ Pagetop