アクセスランキング

よっちーの小屋

よっちーの小屋 ホーム » スポンサー広告 » タイ・バンコク・アユタヤ旅行記 »【旅行記】タイ・バンコク&アユタヤ観光旅行記レポート2日目その1 ワット・マハタート寺院、ワット・プラシーサンペット寺院、ワット・プラモンコン・ボピット寺院など

【過去記事からランダム紹介!】

【当ブログと一緒にアクセスアップを目指しませんか?相互RSS大募集中です!】
【左上の「よっちーの小屋について」へコメント下さるか、もしくは管理人へメールを下さいませ】

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




―――――――――――――――――■過去記事から数分ごとにランダム記事紹介!■――――――――――――――――――



category: スポンサー広告


link.jpg
tb: --   cm: --

【旅行記】タイ・バンコク&アユタヤ観光旅行記レポート2日目その1 ワット・マハタート寺院、ワット・プラシーサンペット寺院、ワット・プラモンコン・ボピット寺院など  

現地では朝の6時起きが続きました、夜に「よーし記事を編集するぞー!」と思っても、眠気にほんとに勝てません(汗
2日目はアユタヤにある各遺跡・寺院と、バーンパイン離宮をメインに訪れます

前半となるその1ではワット・マハタート、ワット・プラシーサンペット、ワット・プラモンコン・ボピット寺院までです

タイは日本と時差が丁度ぴったり2時間で、タイのほうが2時間早いです
つまりタイで朝の6時ならば日本は朝の8時ということになります
写真はあとで出てくるワット・マハータートにある有名な仏像

IMG_2707.jpg
2日目の日程はこんなです
s-にっていひょう2


ちょっと旅行記とは話がズレますが、海外にいる時にiPhoneでTwitterなどを活用する場合、
現在時刻の設定を上手くしてあげないとクライアントがエラーを起こし、何も出来ないようになりました
「設定」から「日付と時刻」を選び、デフォルトだと日本になっているので
一旦「自動設定」をオフにし、今回はタイのバンコクなので「BANGKOK」と入れてあげるとバンコクの時間表示が選択できました

ここら辺は初の海外旅行なのでもう試行錯誤ですね・・


朝ごはんは6時からあいているレストランでビュッフェ形式
比べると当然ながら街の屋台や飲食店よりは遥かに食べ物のランクが上でした
店員さんの対応もすごく丁寧で、色々な国の方が宿泊しているようでした
IMG_3106_20130207145058.jpg


全体の景観はこんな感じ
白人の観光客が特に多く、料理も野菜から肉まで豊富な取り揃えでした
個人的に気に入ったのはトマトの肉詰め焼き
IMG_3110.jpg


全く読めないのですけど1000バーツなのかな?だとしたら日本円に換算すると3000円程度です
正直、「タイはなんでもかんでも安い」と思うとそれは間違いで、きちんとしたホテルや料理店、特に日本の
ツアーと提携しているようなところは、飲食の値段は日本とあまり変わりません
IMG_3111.jpg


午後にもう一度荷物をとりに戻ってきますが、今日でこのクルンスリ リバーホテルともお別れです
クルンスリリバーホテルは「寝間着と歯ブラシがない(2013年2月段階)」ので、泊まる方はお気をつけて下さい
IMG_3114.jpg


朝のタイの風景はこんなです



IMG_2678.jpg

IMG_2679.jpg

IMG_2685_20130207145812.jpg

IMG_2684.jpg

IMG_2686.jpg

タイは電線がどこもぐっちゃぐっちゃです、メンテナンスの時に困ったりしないのかなー?と思うほど
また、タイは今やwifi大国と言ってもいい程にwifiの電波が街中を飛び交っています
IMG_3364_20130207150213.jpg

多い時で上の写真の数ほどアクセスポイントが見つかるのですが、これらは大半が「別途で契約の必要な回線」です
「TRUE WIFI」というwifiが特にどこでも見つかりました

wifiの料金設定はタイ人とそれ以外の国の人で二段階になっているそうで、タイ人は1ヶ月使い放題で1000円ほど、
それ以外の国の人はプリペイド式で、6時間1000円などといった価格設定になっているそうです



IMG_2688.jpg

IMG_2692.jpg

タイにもFamilyMartがあってびっくり
IMG_2693.jpg

バスに揺られて、まずは2日目最初の観光地に到着しました
ワット・マハータート寺院です
旅のスケジュールには「プラマハタート」とあったのですが、「マハータート」の方だと思います



寺院の案内板です、野良犬は今日もフリーダムだなー
IMG_2696.jpg





IMG_2697.jpg

ここにも1日目と同じく注意書きがあります
IMG_2698.jpg

行く先々で、ガイドのチャイ・ヤタッツさんが丁寧にその場所の歴史なんかを教えてくれます
このあたりの遺跡は、タイが今までに経験してきた戦争によって破壊されてしまったのだそう
IMG_2699_20130207151138.jpg


IMG_2700.jpg

IMG_2703.jpg

IMG_2706.jpg

IMG_2702.jpg

この木にめり込んだ仏像がここの目玉で、前に立って記念写真をとることができます
IMG_2708.jpg

IMG_2710.jpg

このあたりの遺跡の仏像は、戦争の際に首から上をはねられてしまったんだそうです
IMG_2718.jpg

IMG_2723.jpg

IMG_2722.jpg

IMG_2712.jpg

IMG_2727.jpg

IMG_2731.jpg

中にはこのように傾いてしまっていたものもありました
IMG_2729.jpg


動画がこちら





これはタイで売られているのをよく見た、車につけるサルのぬいぐるみ
助けを求めるような目つきにも見えますね・・・
IMG_2733.jpg


マハタート寺院を30分ほど散策したあとは、敷地内にあるお土産屋さんなどを見て回ることができました



ここで初めて、本場のココナッツジュースを目にすることができました
ココナッツが氷水につけられていて、20バーツ(60円)で1個買うと、その場でお店のおばさんが
大きなナタを使い、5角形の蓋を作ってくれるので、そこへストローを突っ込んで飲むのです
IMG_3132.jpg
味はなんというか「ちょっと薄まった砂糖水」みたいな味で、日本でいうナタデココジュースのような味とは結構違っていました
1人で全部飲むには厳しい甘さを誇っているので、是非数人で分けあって飲むと良いと思います


ここでうろうろしていたら、日本語を話す幼女さんがやってきて、「これ、1つ100バーツ、3つで200バーツ」と話しかけられました
見てみると、ポストカードのセットを手に持っていて、それを家のお土産屋さんの手伝いとして売っているんですね
多分9歳前後だと思うのですが、この歳で外国の人相手に頑張ってポストカードを売ろうとしているなんて凄いなーと
思ってしまい、3セットを200バーツで買ってしまいました これです↓
写真 2013-02-07 15 33 22

そしたら、今度は首からたくさん小さなバッグを下げた別のお店のおばさんがよってきて、
「そのポストカードをこの中に入れるの」みたいな動作で、さっき買ったポストカードをそのおばさんの持つ
かばんの中へ入れようとするのですよ

で、試しに「how much is this?」と聞いてみたら、「にひゃく、にひゃく」と言うんですね
さすがにバッグは要らなかったので断りましたが、そんな感じでタイの方は物凄くフレンドリーに話しかけてくれます
要らない、というと分かりやすくしかめっ面になりますが、こういったコミュニケーションもとても楽しかったです


次はバスに乗って、ワット・プラシーサンペットへと向かいます




はい、ここがワット・プラシーサンペット寺院です
IMG_2768.jpg

遺跡自体はさっきのワット・マハータートとあまり大差がないのですが、ここの見どころは別にあります
それがこの建物、ウィハーン・プラモンコンボピット
IMG_3134.jpg

この建物の中には・・・
IMG_2734.jpg

ばーん!このような金色の巨大仏像があるのです
ちなみに、金色の巨大仏像は後日訪れる「ワット・ポー(涅槃寺)」というところにもありました
IMG_3135.jpg

タイのハトさん
IMG_2735.jpg

壁には立派な彫刻もありました
IMG_2738.jpg

これは建物の中と外に、合計10個くらい設置されていた募金箱です
なんでこんなに設置してあるのかというと、全部用途が違っているんだそうです
IMG_2740.jpg


ガイドのチャイさんによる募金箱解説動画



お寺の外では係員のおばあちゃんが何やらメンテナンスをしていました
IMG_2744.jpg

IMG_2748.jpg

タイの寺院には、このような金箔の貼られた仏像がいくつも見られます
IMG_2743.jpg

IMG_2755.jpg

この金箔は、参拝客が金箔を持ってきて、そして貼り付けていくのだそうです
タイでは仏像を、縁起のいい金箔で飾ることは良いこととされるのだそうな
IMG_2753.jpg

これは悪い結果だったおみくじを結んでおく場所
こういった所はさすが仏教の本場という感じですね、日本と似ています
IMG_2750.jpg

寺院の中にもタイムカードがありました・・・このミスマッチ加減が面白いです
IMG_2760.jpg

この寺院の中にはお土産コーナーがあり、自分は謎のお坊さんCDを買いました
1枚480円ほどで、何が収録されているのかわかりませんでしたがどうもお経のようです
IMG_3139.jpg
このジャケットのおじさんがお経を読んでるのかな・・・


外に出ると、アングリーバードの服を着た男の子がいました
奥の男の子は、笹の葉のようなもので作ったバッタをお土産として売っていました
IMG_2762.jpg


この後気づいたのですが、タイではスマートフォンやタブレット端末の普及率がすごくて、
特にタブレットは日本の普及率に比べるとかなり上を行っているような印象です
もちろん首都圏に限ったことだとは思いますが、「ネット回線を引くよりwifiの方が便利」という感じなのでしょうか
アングリーバードのグッズもおみやげ屋さんで多数見かけました


遅くなりましたが、このワット・プラシーサンペット寺院のマップです
IMG_2766.jpg


ウィハーン・プラモンコンボピット(大仏のあった建物)のすぐ近くには市場がありました
ここの市場はタイ旅行の中でも特に値段が安く、また品揃えも独特で、是非もっと見ていたい場所でした
包丁なんかも売っているんですよ



この市場でガネーシャ像のお土産をかったお店を撮らせて頂きました
この市場のお店はほんとに値段が安く、右奥のガネーシャ像でたったの100バーツ(300円)です
手前のブレスレットは29バーツなので100円程度ですね
IMG_3142_20130207162158.jpg


これは総まとめ編からの引用になります

タイでの買い物の注意点として、例えば値段がいくらかを聞いた時に相手が指を4本で「4!」と
教えてくれた場合、それが40バーツなのか400バーツなのか確認しないととんでもない事になる可能性があります
明らかにどこでも売っていそうな安っぽいオブジェで、40バーツなのかと思ったら相手のおじさんが電卓で400と
打っていたのを目撃し、さすがにあの時はびっくりしました

お土産についてですが、いくつかの店舗を回っていると「量産品なのかそうでないのか」の違いがわかってきます
量産品というのは、例えば日本で京都旅行に行った時なんかに「この商品どこのお店でも売ってるなー」というような品物だと思って下さい
ミニチュアの仏像、象の置物、こすると音のでるカエル、アロマやキャンドル、昆虫標本などは全部量産品です
上の、黒い色をした置物や灰皿の類は全部量産品でした

回ったお店が少ないと、「これはここでしか売ってないのかな」と思ってしまいますが、
お店を回るうちにどれが量産品でどれがそうでないかは段々わかってくると思います、ここらへんは慣れですね
出来れば、「ここでしか買えないだろうな」という商品を選んで買うのがベストのように思います
それと「この値段では他のところでは買えないだろうな」と確信できるような品物ですね



市場の中にあった電話、漏電とかしないのかな・・
IMG_3143_20130207163914.jpg

この魚は最初ペットとして売ってるのかと思ったのですが、礼拝の際に寺院の池や川に
投げ入れるため?の魚なんだそうです
IMG_3144_20130207163914.jpg



さてここから象乗り体験をするために、象乗り場へと移動します
後半へどうぞー!





―――――――――――――――――■過去記事から数分ごとにランダム記事紹介!■――――――――――――――――――



category: タイ・バンコク・アユタヤ旅行記

tag: 遺跡  アユタヤ  バンコク  旅行  タイ  解説   
link.jpg
tb: 0   cm: 1

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

# | 
2015/05/26 02:58 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://ironboy1203.blog.fc2.com/tb.php/122-4af1516f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

■最新・名作ゲーム実況解説プレイ、YouTubeにて公表配信中!

■よちよちカウンター

■このブログについて■

【お知らせ】

■書いてる人

■自己紹介

■最近のお絵かき

■人気記事を見ていって下さいませ

■カレンダー

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。