アクセスランキング

よっちーの小屋

よっちーの小屋 ホーム » タイ・バンコク・アユタヤ旅行記 »【旅行記】タイ・バンコク&アユタヤ観光旅行記レポート4日目その1 水上マーケット、木製製品専門店「RTC」など

【過去記事からランダム紹介!】

【当ブログと一緒にアクセスアップを目指しませんか?相互RSS大募集中です!】
【左上の「よっちーの小屋について」へコメント下さるか、もしくは管理人へメールを下さいませ】

【旅行記】タイ・バンコク&アユタヤ観光旅行記レポート4日目その1 水上マーケット、木製製品専門店「RTC」など  

最終日となる4日目は朝の5時起床でした、さすがにこの日ばかりは睡眠不足が辛いです
連日早起きの日々でしたが、振り返ってみると無理に早起きしてでも観光を楽しんで良かったと思います

4日目は飛行機が23時15分発で、お昼までに水上マーケットや木製製品の専門店である「RTC」などを回り、
そして夜の8時くらいにホテルへ集合、その後新バンコク国際空港へ向かった後に出国という流れです

IMG_3219.jpg
4日目の予定表です、午後はほとんど自由時間みたいなものです
にっていひょう4


タイは2月の朝も半袖で過ごせるほどには温かいです、幸い雨も1日も降りませんでした
最低気温25度、最高気温30度ちょっとという気温で安定しています
IMG_3138.jpg

IMG_3136.jpg

タイの電車は速度がゆっくりです、車体にはグラフィティがありましたが、こういうのってどこの国でも似てるのですね
IMG_3159.jpg

会社らしきビルのど真ん前にも国王をまつるための台座がありました
IMG_3162.jpg

朝の7時くらいですが、バンコクはこの混雑具合です 手前のお父さんは幼いお子さん2人とバイクに乗ってます
IMG_3170.jpg

朝のこういった景色をゆったり眺めるのもいいものですね
IMG_3176_20130208223521.jpg

年季の入った工場もいい味を出しています
IMG_3177.jpg

この形状の運輸船は日本では中々目にしないですよね
IMG_3182_20130208223809.jpg


バスにゆられて、途中にあるお土産売り場へつきました



これより前の記事で紹介した、自分の写っている写真を使ったお皿のお土産を覚えていますでしょうか?
あの写真は、こういった一眼レフをもった方が、観光客がバスから降りてきたところを激写して作るのです
このおばちゃんはニコンの一眼レフを使っていました
IMG_3186_20130208223810.jpg

このお土産屋さんでは珍しくベタをビンに入れて売っていました、タイのベタも日本と同じなのですね
IMG_3195.jpg

お土産屋さんの店内はこんな感じ、量産品のおみやげも多かったです
IMG_3196.jpg

お土産の中でも特に目をひいたのが、この昆虫標本でした
もちろん本物を使っていて、今思えば買っておけばよかったなーーと思います
IMG_3197.jpg

弟が買った一番小さな昆虫標本で400バーツくらいでした、さすがにこれはやっぱりある程度の値段がします
IMG_3198.jpg
この昆虫標本ですが、意外な事に量産品の中の1種でした
タイの中ではここで初めて目にしたのですが、この後訪れるショッピングモールなどでちらほら売っていました
量産品の中でも買ってそれほど損はしなさそうな品物だと思います


ここではガイドのチャイさんが、本場のココナッツ削り&絞りを見せてくれました



お土産屋さんを出たら、今度は水上マーケットへ向かうボート乗り場へ到着です




水上マーケットへは車でも行くことができるのですが、元々この地域にある水路を通って行くことができます
その模様がこちら


水路の両サイドには、元々ここで暮らしている方々の家があり、その生活を垣間見ることができました
ボートは中々の速度で、まるで何か遊園地のアトラクションに乗っているような気分です

IMG_3202.jpg

IMG_3204.jpg

IMG_3208.jpg

途中に片方のおっぱいをポロリした仏像もありました、なんだかバランスが面白いです
IMG_3201.jpg

水上マーケットは、「水に浮いている船に品物がたくさんつまれててそれを買う」のではなくて、
単に川の上に作られたタイプの家(お土産売り場)でお土産を売っている、というだけの施設でした
ですが臨場感はたっぷりで、品物を「どれどれ~」と見ていたりすると、「ちょっとみていってよーー」と
下の方、川の方から声をかけてもらえたりしてとても面白かったです


自分はここで、ココナッツとヘビの骨でできたブレスレットを2つセットで400バーツで買いました
黒い部分がココナッツ、白い部分がヘビの骨なのだそうです(本当と信じたい)
IMG_3286_20130208230247.jpg



水上マーケットでの買い物が終わったら、RTCという名の木製製品専門店へゴー




「「RTC」ってお店の名前なの?」と思われるかもしれませんが、だって書いてあるんだもん・・
IMG_3209.jpg

IMG_3210.jpg


ここでまず目を引くのが、このとてつもない作業量の末に生み出された木の彫刻です
IMG_3217.jpg

アップにするとこんな感じ
IMG_3219_20130208231731.jpg

動画も撮らせて頂きました


この彫刻はよく見ると多段構造になっていて、大きな木のパーツを組み合わせて作ってありました
お手本となる木や葉っぱの作りを、写真を元にして掘り進めるという手法のようです
タイは寺院もそうですが、こういったとんでもない作業量の芸術品がぽんと出てくるので驚かされます

彫刻職人のおじさん
IMG_3211.jpg

まさに職人さんという風貌です
IMG_3212.jpg

これは紙をつくっているところ
IMG_3214.jpg

IMG_3216_20130208232346.jpg


あんまり立ち止まってじーーーっと撮ることができなかったのですが、店員さんの作業風景はこんな感じ


このお店では、他にもとんでもない完成度の木製製品を売っていました


RTCの製品、特に巨大なベッドや彫像、椅子などはこの場で購入することが可能で、もしも欲しい方は
この場で購入後、日本へ輸送してもらうこともできるそうです
ただやはり手作りということで値段は結構お高かったです

自分はここで、好きな文字を追加で彫ってくれる象さんのプレートを買いました
これで値段が120バーツ(360円)ほどで、作る時間や手間からすると大分安いようにも感じます
写真 2013-02-08 23 38 57

ここのプレート屋さんの店主さんは色んな国の硬貨を持っていて、こちらがある程度英語を話せる人間だと知ると
「これ、このコインはタイではいくらくらいの価値があるの?」と聞きながら日本の100円玉を差し出して来ました
タイではこのように、「この日本円はタイではいくらくらいの価値があるの?」と聞かれる事がしばしばありました
レートがこの日で大体0.31くらいだったので、電卓で「100×0.31」をしてあげたら「ほーほー」と喜んでいました
ついでに10円玉が中国のお金だと思っていたようで、「これは中国のコインなんだよ~」と言っていたので
「no no,It's Japanese Yen」と教えてあげたらこれまた「ほーほー」と笑いながら喜んでらっしゃいました


4日目の前半はこれで終わりです、次はバイヨークタワー周辺でお土産を買い、そしてついに日本帰国です




―――――――――――――――――■過去記事から数分ごとにランダム記事紹介!■――――――――――――――――――



category: タイ・バンコク・アユタヤ旅行記


link.jpg
tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://ironboy1203.blog.fc2.com/tb.php/124-e0dcfbcf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

■最新・名作ゲーム実況解説プレイ、YouTubeにて公表配信中!

■よちよちカウンター

■このブログについて■

【お知らせ】

■書いてる人

■自己紹介

■最近のお絵かき

■人気記事を見ていって下さいませ

■カレンダー

▲ Pagetop