アクセスランキング

よっちーの小屋

よっちーの小屋 ホーム » 東京の廃墟:ありがた山 »【東京の廃墟】「ありがた山」写真集

【過去記事からランダム紹介!】

【当ブログと一緒にアクセスアップを目指しませんか?相互RSS大募集中です!】
【左上の「よっちーの小屋について」へコメント下さるか、もしくは管理人へメールを下さいませ】

【東京の廃墟】「ありがた山」写真集  

東京都某所にある、「ありがた山」という場所の写真です
このブログの最初の方の記事でも一回記事にしたのですが、写真をアップする際のノウハウが全く分からず
写真記事として微妙だったのでアップし直すことにしました

IMG_1352.jpg

続きを読むから続きをどうぞ
画像の無断転載・使用は禁止とさせてください、リンクを貼る場合は、この記事へのリンクをお願い致します



徒歩で神奈川と東京の境目あたりをよっちらよっちら目指します、2012年の4月のことでした
IMG_1261.jpg


桜もちょうど良い感じに咲いていました
IMG_1294_20130416035142.jpg


IMG_1265.jpg


IMG_1269_20130416035142.jpg


段々と山の方へと向かいます
IMG_1297.jpg


ありがた山へと到着しました、地表をびっしりと建物が埋め尽くす様子が遠くに見えます
IMG_1318.jpg


近くの水場の中には・・
IMG_1309.jpg


金魚が居ます、管理人さんが餌をあげているのかな?
それとも発生する苔や微生物などを食べてるのでしょうか
IMG_1312.jpg


お地蔵さんの歴史を語る肌と、綺麗な赤の衣装、そしてかかる蜘蛛の糸・・・素敵です
IMG_1313.jpg


このあたりにはゴルフ場もあったりするので、立入禁止になっているエリアも少なくありません
IMG_1316.jpg


梵字が素敵です
IMG_1326.jpg


この模様を彫るのにどれくらいの手間と時間がかかるのでしょうね・・
IMG_1327.jpg


IMG_1330.jpg


IMG_1331.jpg


こういった廃墟には、やはり夕日が一番似合います
IMG_1334_20130416040237.jpg


IMG_1335.jpg


IMG_1336.jpg


何か会議でもしていそうな雰囲気ですね
IMG_1337.jpg


IMG_1340.jpg


一つ一つに、きちんと丁寧に文字や文様などが彫られていました
IMG_1343.jpg


これらがなにかというと、ずばりお墓であったり、供養のための像です
IMG_1344.jpg


この陰と陽のバランスはもう素晴らしいとしか言えません
IMG_1342.jpg


IMG_1341.jpg


前日に雨が降ったためか、たまたま水が溜まっている部分がありました
そこへ丁度カラスがやってきてその水を飲みだしたんですね
とてもいい雰囲気の写真が偶然撮れました、言葉で形容するのが難しいなんとも言えない雰囲気です
IMG_1346_20130416040602.jpg


誰かが衝撃を与えたのでしょう、首が落ちてしまっているものも珍しくはありません
IMG_1351_20130416041032.jpg


超広角レンズを持っていたらもっと凄い写真が撮れそう
IMG_1350.jpg


IMG_1353.jpg


IMG_1349.jpg


地蔵レンジャー大集合
IMG_1356_20130416041300.jpg


IMG_1357_20130416041300.jpg


自分の胴体を眺めていたりするのでしょうか・・
IMG_1360_20130416041301.jpg


IMG_1364_20130416041259.jpg


思い出しました、確かこの数日前にとんでもない嵐があったんですよね
2013年の春も、台風並みのとんでもない嵐がありましたが、あんな感じの強風が吹いたのを覚えています
きっと嵐のせいで崩れてしまったんですね
IMG_1362_20130416041302.jpg

 「ありがた山」と呼ばれる理由なのですが、調べてみるとこんな話などが見つかります
とある宗教団体が昭和15年~18年ごろにかけて、無縁仏を集めて供養するためにこの石碑を彫ったのだとか
IMG_1365.jpg

当時の人はその様子を見て、「ありがたや、ありがたや」と感謝したことから、「ありがた山」という
名前がついた、という話です・・・信じるか信じないかはあなた次第、という感じですね
IMG_1366_20130416041541.jpg


海軍の少将さんを祀る石碑もありました
IMG_1367.jpg


IMG_1368.jpg


ゆっくりと時間をかけて苔が生えていったのでしょう
IMG_1370_20130416041543.jpg


綺麗に横一直線に欠けてしまっていました
IMG_1372_20130416042158.jpg


IMG_1378.jpg


IMG_1376.jpg


IMG_1377_20130416042158.jpg


IMG_1384.jpg


IMG_1382.jpg


IMG_1386.jpg

安永、と石碑に彫ってあります
安永(あんえい)は、日本の元号の一つ。明和の後、天明の前。1772年から1780年までの期間を指す。
この時代の天皇は後桃園天皇、光格天皇。江戸幕府将軍は徳川家治。
」―wikipediaより
というとこの石碑は1772~1780年に彫られたものなのでしょうか、それとも単にその間に亡くなられた誰かの
ために彫られたものなのでしょうか・・・歴史にはそこまで詳しくないので、よく分かりません
IMG_1380_20130416042350.jpg


段々と陽も沈もうとしてきました
IMG_1383.jpg


こんなにボロボロになってまでもこの山を護ってるんですね・・しんみり
IMG_1387.jpg


IMG_1389.jpg


地上を広く見渡せるこの場所だからこその魅力があるように思います
IMG_1396.jpg


帰る前にもう一回お地蔵さん
この布も、管理人さんなどが定期的に洗濯・交換してあげているんでしょうね
IMG_1395_20130416042923.jpg



ここで帰路につくのですが、もうちょっと写真は続きます
何があったかというと・・・



そう、廃墟には高確率でついてくる廃車です
IMG_1400.jpg


駐車場には複数台の廃車が放置されたままになっていました
IMG_1397.jpg


なんだかもう「凄い」としか言えない状態になってます
IMG_1402.jpg


IMG_1403.jpg


IMG_1404.jpg


今もキラリと光る「XX」のエンブレムが見えました、調べてみると、「トヨタ・セリカXX」じゃないかということが判明
「セリカ・スープラ」とも呼ばれていたみたいです、「スープラ」は元々輸出時の名前だったのだとか
詳しい方がいらっしゃったらコメント欄などで教えて頂けると嬉しいです
IMG_1405.jpg


何故かインパネのあたりにタイヤが・・・
IMG_1407.jpg


なんでしょうね、このとりあえず色んな物寄せ集めとけ感は
IMG_1414.jpg


もう20年以上前の車だと思うのですが、塗装は今も綺麗なままなのが凄いです
IMG_1409.jpg


IMG_1410.jpg


IMG_1416.jpg


何故かライト部分の中に空き缶が
IMG_1418.jpg


IMG_1419.jpg


IMG_1426.jpg


さようなら、また逢う日まで
IMG_1424.jpg




という訳で如何だったでしょうか、東京都の廃墟、ありがた山でした

こういった土地で写真を撮る際は、超広角レンズや魚眼レンズがあると凄い写真が撮れそうだなと思いました
自分は50mm単焦点レンズ(滅多に持ち出さない)と、タムロンの18-200のmm便利ズームをメインに使っているので
このようなロケーションではどうしても超広角に憧れてしまいます

一部では心霊スポット扱いされているらしいありがた山ですが、肝試し的な事をしている方がお地蔵さんを
壊したりしているのかなあと思うとちょっと残念です・・ゆっくりと時間の流れる感じの、落ち着いた場所であって
欲しいと素直に思えるような土地でした

建築物は全く無いので「廃墟」と言うには語弊があるかもしれませんが、これもまた1つの廃墟だと自分は思っています
廃墟記事のストックはまだありますので、次回の廃墟写真記事も是非ご覧になって下さい


撮影日:2012年4月4日 使用カメラ:CanonEOS60D





―――――――――――――――――■過去記事から数分ごとにランダム記事紹介!■――――――――――――――――――



category: 東京の廃墟:ありがた山


link.jpg
tb: 0   cm: 1

コメント

No title

奥多摩に続き失礼します。偶然! 私もここを訪れたことがありました。
さらにその先は行かれましたか?
山の中腹あたりに怪しい宗教施設があり、人が住んでいる気配。犬も飼われていました。
なぜこんなところにという思いと、カルトだったらどうしようという恐怖に耐えながら進むと反対側の駅にたどり着きました。

途中の採石場は以前ライダーや戦隊シリーズのロケに使われた場所だそう。
爆破シーン用の場所ですね。
さもありなんという風景でした。

sonus #- | URL
2013/10/16 10:30 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://ironboy1203.blog.fc2.com/tb.php/186-b3547872
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

■最新・名作ゲーム実況解説プレイ、YouTubeにて公表配信中!

■よちよちカウンター

■このブログについて■

【お知らせ】

■書いてる人

■自己紹介

■最近のお絵かき

■人気記事を見ていって下さいませ

■カレンダー

▲ Pagetop