アクセスランキング

よっちーの小屋

よっちーの小屋 ホーム » 神奈川の廃墟:根岸競馬場 »【神奈川の廃墟】根岸競馬場一等観覧席跡(横浜競馬場)写真集

【過去記事からランダム紹介!】

【当ブログと一緒にアクセスアップを目指しませんか?相互RSS大募集中です!】
【左上の「よっちーの小屋について」へコメント下さるか、もしくは管理人へメールを下さいませ】

【神奈川の廃墟】根岸競馬場一等観覧席跡(横浜競馬場)写真集  

2012年の2月に、現在使っている一眼レフのEOS60Dで初めて撮影にいった廃墟が根岸競馬場でした
横浜競馬場という名称が正式名称で、開場は1866年9月、閉場は1943年6月10日(事実上)だそうです


アメリカ人建築家J・H・モーガンによって設計され、1929年に竣工した一等馬見所と二等馬見所の2つの
観客スタンド、および下見所(パドック)は、馬場よりも遅れて1981年に接収解除されたが、二等馬見所と
下見所が1988年に老朽化のため解体された。
横浜競馬場の遺構として唯一現存する一等馬見所は2009年に経済産業省によって近代化産業遺産に指定されたが、
本格的な修復は返還以来施されておらず、事実上の放置状態である。2012年現在も侵入防止のために設けられた
フェンスに囲われたままであり、具体的な修復・保存は計画されていない。―横浜競馬場Wikipediaより



IMG_0538_20130421030901.jpg


いまだ残る美しいデザインの根岸競馬場は公園の中にあり、誰にでも訪れる事ができます
画像の無断転載・使用は禁止とさせてください、リンクを貼る場合は、この記事へのリンクをお願い致します
まずは目的地となる山手駅を目指し、無事到着しました
この日は2月21日、まだ寒さは強く残りますが天気は快晴で絶好の撮影日和でした
IMG_0483.jpg


山手という町は不思議な町でした、ちょっと田舎っぽい感じは残るのですがその反面高級住宅のような家々が
立ち並んでいて、BMWなどの外車がとまっている家が多かったです
IMG_0484.jpg


今確認したら写真にもベンツがとまってました
IMG_0485_20130420215813.jpg


ここからは徒歩で目的地を目指します
IMG_0490.jpg


近くには学校も多く、色んな生徒さんたちとすれ違ったりしました
IMG_0492.jpg


中々高低差のある町で、景色が一望できるような場所がちらほらありました
IMG_0494.jpg


こういった建築途中の風景も廃墟と違ったロマンがありますよね・・かっこいい
レンズは18-200mmの便利ズームなので、ここまで寄ることができます
IMG_0496.jpg


ちょっと進んだら猫さんがいました、最初飼い猫かとおもったら野良猫でした
IMG_0498.jpg


人懐っこい猫のようで、寄ってきます
IMG_0501.jpg


凛々しい横顔
IMG_0505.jpg


隣に座って写真を撮っていたら、膝の上に乗っかってきてびっくり



さようなら猫さん~
IMG_0506.jpg


少し歩いて、目的地となる公園へ到着しました
IMG_0517.jpg


遠くに何やらそれらしき建物の頭が
IMG_0510.jpg


ズームして見るとまさしく根岸競馬場のようでした
IMG_0511.jpg


これが公園案内図です
IMG_0520.jpg


IMG_0521.jpg


ついに到着、これが根岸競馬場です
IMG_0529_20130420224937.jpg


IMG_0525.jpg


レトロな雰囲気と、建物にからまるツタがとてもいい雰囲気を醸しだしてますね・・
IMG_0526.jpg


建物はこのように柵で囲まれていて、中に入ることは基本的には出来ません
IMG_0532_20130420230754.jpg


IMG_0531.jpg


ズームレンズだと金網の間から撮影できるので凄く便利です
IMG_0535.jpg


ネット上で写真を検索すると、中に入って撮影されてる方もちらほらいます
そのための対策として有刺鉄線や、高めの柵が用いられているようですね
IMG_0537.jpg


建物自体の高さも結構なものがあります、ぱっと見だと競馬場っぽさは無いですよね
IMG_0536.jpg


ここも超広角レンズがあればいい写真が沢山撮れそうな感じ
IMG_0538.jpg


何年かけて成長したのかはわかりませんがツタの生い茂り具合が最高です
IMG_0540.jpg


IMG_0541.jpg


上の大窓の装飾も素敵です
アメリカ人の建築家の方がデザインしただけあって日本ではあまり見ない造りが良いですね
IMG_0544.jpg


剥がれた壁を、伸びた血管が癒そうとしているようにも見えて印象深かったです
IMG_0545.jpg


やっぱり廃墟は夕陽や逆光が似合いますね
IMG_0547.jpg


IMG_0552.jpg


痛そうな有刺鉄線も廃墟と組み合わさると素敵に思えるのが不思議
IMG_0553.jpg


IMG_0556.jpg


IMG_0554.jpg


IMG_0557.jpg


この建物も、今では鳩の休憩場所となっていました
IMG_0558.jpg


IMG_0562.jpg


管轄は横浜市の山手警察署のようです、不法侵入などした場合は逮捕されますのでご注意を
IMG_0564.jpg


IMG_0565.jpg


IMG_0569.jpg


ここは周囲の公園ものどかでお散歩などに持って来いです
IMG_0571.jpg


この競馬場の歴史の書かれた碑のようなものがありました、後ほど詳しく見てみましょう
IMG_0574.jpg


IMG_0576.jpg


建物自体はシンメトリーなデザインです
IMG_0579.jpg


IMG_0580.jpg


この1枚だけ見るとまるでヨーロッパの方の神殿のような荘厳さがあります
IMG_0581.jpg


IMG_0582.jpg


IMG_0583.jpg


横面
IMG_0584.jpg


近くには米軍?のものらしき建物が
IMG_0585.jpg


「根岸コミュニティセンター」とありました、入口部分には検問があって兵士さんぽい方が居ました
IMG_0586.jpg


「根岸競馬場」で検索すると、嘗てこの部分に客席の屋根的なものが設置されているのが分かります
IMG_0588.jpg


IMG_0591.jpg


IMG_0592.jpg


扉を塞いでいる板ももう今ではズタボロでした、更にそれをツタが覆います
IMG_0594.jpg


IMG_0595.jpg


IMG_0597.jpg


遠くに見えるのは横浜のランドマークタワーです
IMG_0599.jpg


IMG_0602.jpg


このツタも春や夏になれば葉をつけるのでしょうか、その姿もまた美しそうです
IMG_0605.jpg

あの扉は噂の・・・
IMG_0606.jpg


IMG_0607.jpg


正面からの1枚です、階段の踊場であろう窓の配列がいい感じですね
IMG_0611.jpg


手前には先程紹介した、この競馬場の歴史を解説するプレートが
IMG_0613.jpg


では歴史解説のプレートの写真たちを見て行きましょう
IMG_0615.jpg


IMG_0616.jpg


IMG_0617.jpg


IMG_0618.jpg


IMG_0619.jpg


IMG_0620.jpg


IMG_0621.jpg


ちょっと枚数が多くなってしまいましたが解説はこれで終わり
IMG_0622.jpg


ランドマークタワーは200mmフルズームでこれくらいまで大きく撮ることが出来ました
IMG_0623.jpg


おやあんな所に監視カメラが・・・
IMG_0627.jpg


うーん、なんだかとても・・・ダミーくさいぞ
IMG_0630.jpg


辺りを一周して、最初の場所へ戻って来ました
ぐるーっと周囲をまわるだけしかできないので、それほど長く滞在できないのがちょっと残念です
IMG_0631.jpg


まるで何かのダンジョンの入口のよう
IMG_0637.jpg


この柵とフェンスの間に挟まりながら、頑張って写真を撮るのです
周囲で遊んでいた子どもたちから「何してるのーー?」と話しかけられてしまいました
IMG_0639.jpg


写真をね・・・写真を撮っているんだよ
IMG_0640.jpg


窓もよく見るとフェンスのようなものが崩れてしまっているのでしょうか
IMG_0643.jpg


何かのパイプももうこの具合です
IMG_0647.jpg


IMG_0651.jpg


入れるものならば是非入ってみたいあの扉の中へ・・・
IMG_0650.jpg


ボールが入ってしまったら当然とることが出来ないので、あのボールはいつまでも持ち主を待ち続けるのです
IMG_0655.jpg


IMG_0657.jpg


IMG_0658.jpg


「サイレントヒル」なんかに出てきそうな建物だなあ、と
IMG_0659.jpg


カラスが鳴いているのでそろそろ帰ることにしましょう(寒かったし)
IMG_0662.jpg


IMG_0664.jpg


IMG_0667.jpg


IMG_0668.jpg


IMG_0674.jpg


ここからはじっこまで100Mくらいでしょうか
IMG_0676.jpg


IMG_0677.jpg


当然ですが鳩にとっては廃墟なんて関係なく休憩所なのでしょう
IMG_0681.jpg


それとも「この場所が落ち着くんだよ~」とかって感情があるのでしょうか
IMG_0683.jpg


枯れた木も似合いますが、青々と茂った木もまた似合うのが廃墟らしいです
IMG_0684.jpg


IMG_0685.jpg


廃墟というある意味死んだ建物の中からも、新しい命が栄えていく様は美しいです
IMG_0690.jpg


IMG_0694.jpg


IMG_0699.jpg


いつまでもこの場所にそびえ立っていて欲しいです
IMG_0700.jpg


横浜にいまなお残る素敵な廃墟、根岸競馬場でした
IMG_0701.jpg


というわけで根岸競馬場、いかがでしたでしょうか

駅からも割と近く、また横浜という割と行きやすい土地にあるので廃墟の中では特に訪れやすい物件だと思います
不法侵入した方もネット上では見受けられ、有刺鉄線も一部大きくゆがんでいたりしました
ですがこうした行為は当然法を犯す事になりますから、見つかった際は警察沙汰になります

公園の中にあるので散歩中のご近所の方々や、この廃墟のすぐ隣にあるバスケットボールのコートでは
子どもたちが仲良く遊んでいるなど、とてもほのぼのとした空間でした

建築物としても完成度が高い上にアクセスしやすいという、素晴らしい廃墟のように思います
廃墟に興味がおありの方は、訪れてみると良いかもしれません

柵で囲われてしまっているので、撮影するのであればズームレンズは必須のように感じました
実は今週、お友達とここへ行くことになりましたので、現在の姿も見て来ようと思います


撮影日:2012年2月21日 使用カメラ:CanonEOS60D





―――――――――――――――――■過去記事から数分ごとにランダム記事紹介!■――――――――――――――――――



category: 神奈川の廃墟:根岸競馬場


link.jpg
tb: 0   cm: 2

コメント

通りすがりです、ぶしつけですみませんが、気になる点があったので。山手駅はいわゆる山手ではないのでご注意を。いわゆる山手は石川町駅かMM線の元町中華街駅が最寄り駅、山手駅は横浜の中心部からはやや離れた山間にあります。高級住宅街という意味では山手駅はいわゆる山手とは比較になりません。むしろ根岸競馬場のある根岸森林公園周辺(地名で言えば根岸台や根岸旭台)の方が高級住宅街といった位置付けですね

大船 #- | URL
2013/06/28 02:25 | edit

Re: タイトルなし

>大船さま

コメントありがとうございます!

なるほど、山手というと厳密に言うとあの山手駅のあるところとはちょっと違うのですね
仰るとおり、確かに駅周辺よりは森林公園の周辺の方が高級住宅地という感じでした
外車を何台も保有した、まるでお城のような一軒家などもあってびっくりしてしまいました

あまりあのあたりの地理に詳しくなかったので、ご指摘のコメントを頂けて嬉しいです
わざわざありがとうございました( ´` )

あいろん #- | URL
2013/07/01 23:42 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://ironboy1203.blog.fc2.com/tb.php/195-6f98e5e0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

■最新・名作ゲーム実況解説プレイ、YouTubeにて公表配信中!

■よちよちカウンター

■このブログについて■

【お知らせ】

■書いてる人

■自己紹介

■最近のお絵かき

■人気記事を見ていって下さいませ

■カレンダー

▲ Pagetop