アクセスランキング

よっちーの小屋

よっちーの小屋 ホーム » スポンサー広告 » ゲーム紹介&レビュー »【神ゲーの予感】三上真司さん最新作「PSYCHOBREAK(サイコブレイク)」、トレーラーに続きメイキング動画が公開

【過去記事からランダム紹介!】

【当ブログと一緒にアクセスアップを目指しませんか?相互RSS大募集中です!】
【左上の「よっちーの小屋について」へコメント下さるか、もしくは管理人へメールを下さいませ】

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




―――――――――――――――――■過去記事から数分ごとにランダム記事紹介!■――――――――――――――――――



category: スポンサー広告


link.jpg
tb: --   cm: --

【神ゲーの予感】三上真司さん最新作「PSYCHOBREAK(サイコブレイク)」、トレーラーに続きメイキング動画が公開  

先日、超がつくほどおどろおどろしい実写トレーラーが公開された三上真司さん最新作の「サイコブレイク」ですが
続いてメイキングやコンセプト解説を収録した動画がアップされていました

まずは先日アップされたトレーラー映像がこちら


三上真司さんというとカプコンに在籍されていた有名なゲームクリエイターさんで、「バイオハザード(初代とGCリメイク)」や、
「ディノクライシス」「バイオハザード4」「P.N.03」「GOD HAND」などの有名タイトルのディレクターをされていた方です
最近ではカプコンを離れ、ゼニマックスグループ傘下のTango Gameworksという会社の代表をされています
最近の作品ですと「VANQUISH」なんかが有名でしょうか

メイキング動画は続きからどうぞ

こちらがメイキング&コンセプト解説動画です



海外では「TheEvilWithin」というタイトルで発売される本作は、既に国内公式サイトも公開されています

バイオハザード4は一部のユーザーからは「バイオじゃない」といった声や「全く怖くない」という意見も聞かれましたが、
自分は歴代のバイオハザードシリーズの中で今でも一番好きな、そして恐怖を感じた1作でした

なんとなくですが、このサイコブレイクからはマンネリ化したバイオハザードを一新したバイオ4と同じく、
「近年のホラーゲームを数段上回るゲームにしてやろう」という気概のような物を感じます

サイレントヒル、バイオハザードといった和製タイトル(元和製という部分もありますが)や、FEARやDEAD SPACEと
いった海外ホラータイトルもシリーズを重ねていった末に「やっぱり最初期の方がよかった」というような事態になって
来てしまった今、サイコブレイクがサバイバルホラータイトルの救世主となる事を期待しております

一部では「360・PS3・PC、そして今後発売される次世代機でリリースされる」という記載もありましたが、
公式サイトでは何もアナウンスがまだされていないのでその辺りは続報を待ちたいと思います

そうそう、画集なんかも発売されれば是非購入してみたいですねこれは
三上さんとタンゴゲームワークスの皆様、制作頑張ってください!






―――――――――――――――――■過去記事から数分ごとにランダム記事紹介!■――――――――――――――――――



category: ゲーム紹介&レビュー


link.jpg
tb: 0   cm: 4

コメント

No title

 こんにちは!
先日はただのGoogleのURLを貼ってしまい申し訳ありませんでした(._.)

和ゲーってレベル低いと思われてるらしいですが、
バイオハザードやメタルギアソリッドだって和ゲーですもんね。
(他に有名な和ゲー何ありましたっけ?)

ただやはり和ゲーは洋ゲーに比べ、製作費の桁が違うらしいですね~

ちなみにアイロンさんは任天堂とsonyどっち派ですか?
自分は歳重ねるにつれて、sonyに寄ってきてますねw

コッペパン #- | URL
2013/04/23 17:44 | edit

へぇ~!

三上さんだー。
ディノクライシスってありましたね、懐かしい!

このPVに出てくる敵は自分としてはサイレントヒルっぽい印象です。
ピラミッド頭とか、思い出しました。

私もバイオ4は怖く感じました。

代表はチェンソーですが、
ガナードが爆弾握りしめてまっしぐらに走ってきたり、
別行動中のアシュリーに寄ってくる敵の排除で焦ったり。

な、なにこれ?今までと明らかにちがーう!
撃たずにひたすら逃げたらいいわけじゃないの??
と、パニックでカルチャーショックを覚えた作品でした。

queen.shara #- | URL
2013/04/23 19:29 | edit

Re: No title

>コッペパンさま

コメントありがとです~~

洋ゲーは基本的に「物凄く手のこんだ作品を一流の技術と人材を使って作り上げて、世界規模で売る」という
スタンスですが、和ゲーでそれをやっても今では売れなくなって来てしまっていますもんね

PS2くらいの時期はまだ海外ディベロッパーとそれほど差が無かったと思う(それでもロックスターはGTAの
ような意欲的なタイトルを開発してましたが)のですが、PS3や360、PCにプラットフォームが移ってしまって
からは海外ディベロッパーは映画・ドラマに使うような技術を積極的に取り入れて、グラフィックも
とことんまでセンスのある方々が作りこむようになってしまい日本といつの間にか大差が生まれていたように感じます
日本は昔から、浮世絵なんかもそうですが絵の「記号化」が得意だと言われていたのですがアメリカや欧州は
それこそリアリズムに特化していたので、ゲームにもそれが顕著に見られるように思います

自分は最近はもう購入するタイトルの8割9割が洋ゲーで、和ゲーはほぼ全くやらなくなってしまったのですよ
時々和ゲーで気になるタイトルがあったら年に2、3本購入する程度なのです

あいろん #- | URL
2013/04/23 23:37 | edit

Re: へぇ~!

>sharaさま

コメントありがとです~!

最近「死霊のはらわた」のリメイクが公開されるのですが、あれとも雰囲気ちょっと似てるかもですね
和ゲーで血がここまで出るゲームは最近あんまりなかったように思います

チェンソーも怖かったですね~!
自分は何処からともなく聞こえてくる敵の不気味な声や、露骨に恐怖をあおるBGM、あと敵の中でも
ワンちゃんとか、透明になる巨大なカマドウマみたいなのが特に怖かったです。
人間も怖いですが、人外クリーチャーは意思の疎通が全く出来なさそうな感じが怖くて。

この作品は敵が人間メイン?ぽいですが、期待したいですね(´`)

あいろん #- | URL
2013/04/23 23:41 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://ironboy1203.blog.fc2.com/tb.php/202-11d80c60
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

■最新・名作ゲーム実況解説プレイ、YouTubeにて公表配信中!

■よちよちカウンター

■このブログについて■

【お知らせ】

■書いてる人

■自己紹介

■最近のお絵かき

■人気記事を見ていって下さいませ

■カレンダー

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。