アクセスランキング

よっちーの小屋

よっちーの小屋 ホーム » 絵(illustrations) »【図説】漫画配信「INKOO(インクー)」のサイト・アプリの使い方解説&感想・評価

【過去記事からランダム紹介!】

【当ブログと一緒にアクセスアップを目指しませんか?相互RSS大募集中です!】
【左上の「よっちーの小屋について」へコメント下さるか、もしくは管理人へメールを下さいませ】

【図説】漫画配信「INKOO(インクー)」のサイト・アプリの使い方解説&感想・評価  

よっちーの小屋でも配信しております管理人あいろん制作の漫画「LIVE TO...(リヴ・トゥ)」ですが、
この度お声をかけて頂き、2013年の3月よりサービスを開始された漫画の無料&有料配信のための
「INKOO(インクー)」さまというウェブサイト&アプリにて配信されることとなりました

めでたい!ありがたい!よろこばしい!

という事で、折角ですので今回はそのINKOOというウェブサイトと、
スマホ・タブレット向けの同名アプリ「INKOO」についての紹介記事になります

ピクチャ 3


まずはINKOO(インクー)さまの公式ウェブサイトはこちらになります
使用するためにはIDを作り、ログインが必要になります

IDを作りログインすると、作品の投稿や、投稿されている作品のリストを閲覧することができます
作品はジャンルや有料無料でカテゴリ分けされていて、サムネイルも表示されています

ピクチャ 5



この記事を書いている時点ではブラウザ上のウェブサイトでは作品の閲覧とDLができませんが、
後日のアップデートによりそれらも可能になるそうです

さてこのサイト、何が出来るかというと上でも述べたように、


■漫画作品の投稿(有料・無料の設定可能)ができる
■投稿されている作品の一覧が確認できる
■自分へのコメントの確認や、どの漫画がどれくらいDLされたかなどのランキングが確認できる
■作品を有料販売していた場合、売上の確認や清算ができる


といったところです
このあたりはこれから随時できることが追加されるとおもいますので、期待しつつ待っていようと思います

売上管理画面はこんなかんじでした、現時点ですと売上を引き出せるのは最低3000円からとなっているようです
ピクチャ 6


自分の場合はブログでも無料公開&ZIP配布していることもあり、
特にお金を取ろうとは思いませんでしたので、INKOOでも無料配信という形をとりました

お金を取って内容でガッカリさせてしまうのが何より嫌だったので、それだったら
「無料で配布して読んだ人がどんな感想を持つのか聞いてみたい」と思った次第です
自分も過去に散々ゲームや漫画などでガッカリさせられた事がありましたので、
あの哀しみは二度と繰り返してはならないと思っております

pixivでは有料販売はできない(プレミアム会員にはポイント変換機能がある?)ので、
その点についてはユーザーが自由に設定できる分、自由度の幅が広くて良いなと感じます
ブラウザでアクセスできるウェブサイトについては、こんな感じでした




さて、ここからが今回皆様に本当にお知らせしたい部分になります




何かというと、このINKOOですが、投稿された漫画を閲覧するためのiOS・Android用のアプリが配信されたんですね
このアプリが思っていたよりも完成度が高かったので、今回はそのアプリの紹介もしてしまおうと思い記事を書きました


アプリのDLページは最後に記載しておりますので、とりあえずまずは紹介画面をみて下さい

これがそのアプリ、「INKOO」のメイン画面です
写真 2013-06-06 16 52 01


iPhone5の画面にも最適化されていて、メニューも非常に見やすい作りになっています
ありがたいことに自分の作品である「LIVE TO...」がTOPに表示されていましたが、この部分は
横にスクロールさせることで他の作家さんの作品もいくつか表示され、また一定時間ごとに先頭に表示される
作品は切り替わるので、公平性のあるデザインになっていると思います


作品閲覧のためにはログインが必要ですので、作ったIDでログインを済ませましょう
写真 2013-06-06 16 00 39


作品のサムネイルやタイトルなどをクリックすると、このように作品ページに飛ぶことが出来ます
ここでは評価や閲覧、コメントを残したり作者のプロフィールの閲覧などが可能です
写真 2013-06-06 16 15 19


作家がTwitterやホームページなどを登録している場合はそれも閲覧可能です
写真 2013-06-06 16 15 26


因みに「カテゴリー」では登録されている作品をジャンル別に見ることが出来ます
イラスト集なども投稿できるのですね
写真 2013-06-06 16 54 10


簡潔にではありますが、検索オプションをつけることも可能でした
写真 2013-06-06 17 04 55


本棚では購入した作品をいつでも閲覧することができます
写真 2013-06-06 16 54 17


ポイントの販売画面と価格はこんな感じです
写真 2013-06-06 16 13 52


肝心の漫画表示画面ですが、ページのサイズは最適化されてこのような状態で閲覧ができます
画面を横にすれば拡大表示することもでき、また読み込みも非常に早くストレス無く読書ができました
DLに時間がかかることもなく一瞬でページが表示されていたのですが、この速度は素直に凄いです
画面を指で左右にスワイプするだけで、とても快適にページをめくることができます
写真 2013-06-06 16 05 40


万が一INKOOを退会する場合は、会員退会ボタンを押すことにより全ての情報が削除されます
DLした作品もすべて削除されますので気をつけて下さい
写真 2013-06-06 16 13 47




以上でアプリの紹介は終わりです、ここからは感想になります



INKOOさまより声をかけて頂き、作品投稿をさせて頂いたこのアプリですが、その完成度の高さに
素直にびっくりしたというのが率直な感想でした
操作は引っかかること無くスムーズですし、画面の縦横切替も非常に素早く、作品のDLも異様に早かったです

一般人でも気軽に参加できる漫画の無料・有料配信をメインとしたアプリとなると他に競合するものが
あまりないと思うので、これはユーザーの増え方次第では成功しそうなアプリのような気がしました
表示される広告もメイン画面だけの表示でしたし、本当に「漫画を読む」という事に集中できる作りなのは
とてもいいなと感じました
通勤・通学の最中に気軽に読んだりも出来そうなのが非常に良いと思います

これからウェブサイトの方でも作品の閲覧が可能になるそうですので、期待しつつ待ちたいと思います
現状では登録作家の少なさがネックのように感じますが、逆に物凄く多くの作家さんが登録されてしまうと
有料作品がそれほど売れなくなったり、ランキング上位の漫画しか読まれないといったような現象に
繋がってしまうと思いますので、この部分はデリケートな部分のようにも感じました
登録作品数が爆発的に増えればサーバーにかかる負担なども比例して増えると思うので、このあたりは
実際にユーザーが増えてみないとわかりませんが、今の快適さが素晴らしいだけにこの品質を維持して頂きたいです

いろいろな漫画を読んでみたい方や、描いた漫画を投稿してみたい方にはもってこいのアプリだと思いますので、
興味がありましたらインストールしてみてください
私、あいろんの描きました「LIVE TO...」もこのアプリ内にて配信中です
(AndroidOS版のINKOOは現在配信準備中だそうです)

漫画配信サイト・アプリ「INKOO」のリンクは以下になります


iOS版INKOOのDLページはこちら  INKOOの公式サイトはこちら



―――――――――――――――――■過去記事から数分ごとにランダム記事紹介!■――――――――――――――――――



category: 絵(illustrations)


link.jpg
tb: 0   cm: 2

コメント

No title

なるほど~これは便利ですし漫画家さんにとっての入口が大きく開かれる感じがしますね!

でも日本って本当に携帯だけでなく他もガラパゴス化しているというか、伊集院さんがこの前ラジオで「Xbox One 」の解説をしていましたけど、デジタルコンテンツもイマイチ発展しないのは権利関係ガチガチ過ぎて本来なら格安になるはずの電子書籍とかも、実際の本と値段が変わらないことが多いですし、映像関係も結局メーカーが提携しないから一つのサイトで一部のものしか見れなかったり、海外なら一本数ドルの映画も2~3倍の値段しますよね。
海外の方が権利関係はうるさいはずなのに、やっぱり解禁する所はユーザーの利便性を考えてちゃんと権利関係を整理してますよね。
そこら辺をちゃんとしないとPS4もXbox Oneも宝の持ち腐れになってしまいますよね。

hhh #- | URL
2013/06/09 15:53 | edit

Re: No title

>hhhさま

コメントありがとうございます~!

そうですね、漫画という創作物もこういった進化を遂げようとしているのだなあという印象を受けました
確かに日本のアニメ・漫画業界はもう利権関係ガチガチ度MAXのような世界だと思います
特にアニメは中抜きも凄いですしね

これから個人作品をネット上で発表・販売するような作家さんが急速に増えてくると思いますが、
セルフプロデュース力のようなものも同時に問われてくる時代になると思います
配信サービスがあったとしても、配信者が多ければ多いほど個々の存在は比例して薄れていくので・・

映画ももうちょっと消費者に優しくなってほしいですね、タイでは鑑賞料もDVDも500円程でしたし、
何より日本は公開が平気で1年とか遅れるので「だったら海外版見るよ!」となってしまいます。。
こういった創作物のガラパゴス化も、どこかで一度いい意味で崩壊してほしいなあと思いますよね

あいろん #- | URL
2013/06/10 02:39 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://ironboy1203.blog.fc2.com/tb.php/258-e5fc4e29
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

■最新・名作ゲーム実況解説プレイ、YouTubeにて公表配信中!

■よちよちカウンター

■このブログについて■

【お知らせ】

■書いてる人

■自己紹介

■最近のお絵かき

■人気記事を見ていって下さいませ

■カレンダー

▲ Pagetop