アクセスランキング

よっちーの小屋

よっちーの小屋 ホーム » 【タブレットPC】SurfacePro »【図説】タブレットPCのお絵描き性能に迫る 「SurfacePro」&「OneNote」編

【過去記事からランダム紹介!】

【当ブログと一緒にアクセスアップを目指しませんか?相互RSS大募集中です!】
【左上の「よっちーの小屋について」へコメント下さるか、もしくは管理人へメールを下さいませ】

【図説】タブレットPCのお絵描き性能に迫る 「SurfacePro」&「OneNote」編  

つい先日、マイクロソフトの「SurfacePro」を購入しましたあいろんですこんばんは
今回は、SurfaceProを使ったお絵描き性能に迫ってみたいと思います
一定数、「外出先・仕事先で絵を描きたい」という方はいらっしゃると思うので、参考になれば幸いです

今回使用するのはSurfacePro、ソフトはアプリ版「OneNote」、そして付属の1024段階筆圧感知ペンです

先に結論として述べておきますが、PCでなくタブレットで絵を描く場合にはやはりメリット・デメリットが大きく出てきます


タブレットPCで絵を描くメリット
■外出先でも手軽にデジタルで絵が描ける
■デジタルデータなのでDropboxやSkyDriveを使用した共有・バックアップが外出先からでも容易


タブレットPCで絵を描くデメリット(正直なところ、デメリットの方がかなり多いです)
■タブレットが高解像度かつ小画面だと狙った場所に線を引くのが非常に難しくなり、基本的に生きた線が引けない
 (この点に至っては、iPadの落書きアプリで絵を描いたほうが遥かにストレスは少ないです)
■レイヤー数が増加すればするほど処理が重くなるため、非力なタブレットでは操作がもたつく
■色味がPCのディスプレイと大きく違ったりする場合があるため、それを考慮しつつ描くかキャリブレーションは必須
■実はタブレットPCにSAIやPhotoshopを入れて絵を描くより、iPadでお絵描きアプリを使ったほうが描きやすい


写真 2013-06-20 6 08 40


続きは以下からどうぞ

まずは今回使用したアプリ、OneNoteの解説動画を御覧ください
マイクロソフトの提供しているSkyDriveと自動同期する、ノート的なソフトウェアの中では今のところ代表格的な
扱いになっているソフトウェアです





このOneNoteには手書き機能が備わっているため、その機能を利用して手軽にお絵描きしてしまおう、という訳です
では早速お絵描き開始!まずはこれが開始画面ですね

スクリーンショット (14)



ここにおもむろに絵を描いていきます
これはスクリーンショットになりますが、実際はタブレットの画面にに直接ペンで絵を描いています

スクリーンショット (15)



陰の部分をを描き込んでいるところ、Ctrl+Zなどのショートカットキーもバッチリ使えました

スクリーンショット (16)



実際に外からみるとこういった感じで描いています

写真 2013-06-20 5 41 07



手軽なノートアプリながら、色の変化や線の太さなんかも調節が可能です
この機能は絵を描くための目的ではなく、実際にノートを取る目的として搭載されています

スクリーンショット (18)



ペンの種類の切替もでき、消しゴムも選ぶことができます
ペンをひっくり返して背中の部分で画面をこすると消しゴムになるのは、intuosシリーズと同じですよ

スクリーンショット (17)



普通のノートを模しているアプリなので、もちろん文字を打ち込むことも可能です

スクリーンショット (19)



んでもってその文字を画面にタッチして移動することも可能です
ただ今回触れた限りですと、絵の一部選択・移動が出来なかったように思うのですがどうなのでしょうか・・?
ご存知のかたいらっしゃいましたら教えて頂けると嬉しいです

スクリーンショット (20)



左上の「文字も打ち込めます」という、このページのタイトル部分を長押しすると、このようなメニューが出てきます
ページを削除することもできますし、「ページヘのリンクをコピー」することで第三者と共有することも可能です

スクリーンショット (22)



実際にSurfacePro上のブラウザにそのリンクをペーストしてみたところです、ブラウザ上でノートの内容が確認できました
例えば学校のお友達と、家に帰ってからSkypeなどで通話しているときに
「今日のこの授業のノートのあの部分見せてくれない~?」「いいよ~」などということが可能な気がします
う~んハイテク!

スクリーンショット (23)



またノートにはカメラから撮影した画像や、表なども挿入することが可能です
このあたりはパワーポイントなどを使いこなしている方にとってはお茶の子さいさいですね
因みにこのノートですが、画面下部まで文字や絵を描いた際には下方向へスクロールすると自動でページが下方向へ拡張されます

スクリーンショット (24)



さてここまでの個人的な感想、ポイントをまとめたいと思います
今回はあくまで「OneNote」を使用した場合の感想です


■画面に自由に描ける手軽さは中々のもの
■しかしながら素早い描画についてくるのがやや遅く、生きた線を引くのは至難の業
■文字を書いてノートを取るとしても、どうしても紙媒体にはまだ及ばないと思う
■オンラインで誰かと共有することを前提に使用するのであれば、かなり便利なツールになりえそう
■きちんとした絵を描くのは無理とは言わないが、するとしてもそれなりの手間と時間は絶対必要
■画面に直接描き込むので、細かい細かい絵になると画面タッチにかなりの精密性が要求される
■完成度を問わない落書きやネームの類であれば特に描画に問題はなさそう



という感じでした、やはり10インチ程度の画面に何かを描き込むとなると中々厳しいものがあります
OneNote以外にもSAIやPhotoshop、そしてアプリストアでのお絵描きアプリなどのソフトウェアが用意されていますが、
「きちんとした絵を、きちんとした完成度で仕上げたい」と思ったらタブレット単独では難しいと思います
出来ないことはありませんが、「拡大して細部を描き、縮小して全体を確認」の繰り返しになるかなと・・

これはSurfaceProが悪いというわけではなく、「10インチ程のタブレットではそれが限界なのではないか」という感じです
少なくとも自分は、このタブレットPCを単体でお絵描きマシンとして使おうという意識は今のところ無いです


自分が今のところお勧めな使い方としては、下の使い方です
SurfaceProをHDMI出力し、USBポートにはペンタブレットを装備、そしてSAIなどのソフトウェアでお絵描き!

写真 2013-06-21 3 28 07


タブレットPCの意味がないじゃないか」と言われればそれまでなのですが、快適に絵を描くとしたら、
若しくはきちんとしたイラストなどを仕事として描くとしたら、選択肢は今のところこれ以外には無さそうです

Photoshopなどで、精密さを要求されない、例えば「レイヤースタイルを追加するだけ」ですとか、
「トーンカーブをいじるだけ」などという使い方をする分には全く問題ないと思うのですが、緻密なイラストとなると話は大きく変わると思います

ちなみにですが、SurfaceProにPhotoshopCS4をインストールし、仕事用のイラストを編集してみたところ、
レイヤー数35枚程度、解像度4000*3000ピクセル、ファイルサイズ70MBほどのファイルだったのですが
処理が中々に重く、とても快適に作業ができる雰囲気ではありません
でした

ドロップボックスに入っているPSDファイルを開いていたせいもあるかもしれませんが、
具体的に言うと「レイヤーの表示・非表示」の切替処理がおいつかず、落ちたところを殆ど見た事のなかった
PhotoshopCS4が一度落ちてしまったくらいです

メモリが4GBで、タスクマネージャを見るとそのうち7割くらいを一時的に消費していたこともあり、やはり
落書き以外の本気絵をこのデバイスだけ(というよりもこれ以下のスペックのすべてのタブレットを含む)で
満足行く完成度に仕上げるのは至難の業
だと思いました

自分はどちらかというと出先でのネット閲覧やブログの更新などが主な使用用途だったので特に不満はありませんが、
「このデバイスをお絵描きマシンとして外出先でバリバリに活用したいんだ」と考えている方の希望には応えられないように感じます
あくまで副次的に「お絵描きもやろうと思えば出来るんだね~」くらいに考えておいたほうが良いと思います

結論:フルHDのタブレットPCでの落書き・お絵描きは10インチ程度の画面サイズでは中々に困難で、
   更に重く発熱もあるため、ちょっとした落書きであればiPadの方が遥かにやりやすい
   仕事絵を編集するにしてもレイヤー数や解像度が増加すると処理も比例してもたついてしまうので、
   ガチ絵をタブレットPC単独で仕上げるのは「無理」とは言わないがかなりの根気と時間が必要になってくる
   しかしながら外出先でOfficeを使用したり、写真の編集やブログ執筆をしたりするには超便利な上、
   絵を描く際の資料表示デバイス、映像などの垂れ流しデバイスとしてはこの上なく優秀


長い記事にお付き合い頂きありがとうございました、よっちーの小屋では他にも様々なガジェット情報や
面白ニュースなどを毎日配信しておりますので、是非ブックマークしてまた遊びに来て下さい!


更に気になる方は、アマゾンでのレビューも参考になるかもしれませんね

こちらはSurfaceProで



こちらは後継機であるSurfacePro2です



あとはOSは内臓されていないので単独では使うことができず、PCに接続しての使用になりますが
WACOMの新発売デバイスのCintiq13HDもいいかもですね

Wacom 液晶ペンタブレット 13.3フルHD液晶 Cintiq 13HD DTK-1300/K0
ワコム (2013-04-05)
売り上げランキング: 522




―――――――――――――――――■過去記事から数分ごとにランダム記事紹介!■――――――――――――――――――



category: 【タブレットPC】SurfacePro


link.jpg
tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://ironboy1203.blog.fc2.com/tb.php/278-401a536c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

■最新・名作ゲーム実況解説プレイ、YouTubeにて公表配信中!

■よちよちカウンター

■このブログについて■

【お知らせ】

■書いてる人

■自己紹介

■最近のお絵かき

■人気記事を見ていって下さいませ

■カレンダー

▲ Pagetop