アクセスランキング

よっちーの小屋

よっちーの小屋 ホーム » お絵描き用家電・ガジェット紹介 »【図説】DELL製WQHD解像度モニター「U2713H」の購入後レビュー

【過去記事からランダム紹介!】

【当ブログと一緒にアクセスアップを目指しませんか?相互RSS大募集中です!】
【左上の「よっちーの小屋について」へコメント下さるか、もしくは管理人へメールを下さいませ】

【図説】DELL製WQHD解像度モニター「U2713H」の購入後レビュー  

先日LG製の27インチWQHD解像度モニター「27EA83-D」を購入したのですが、発色などに関しては全く文句はなかったものの
ドライバーが文字化けしたり、キャリブレーションソフトが正常に動作しない(動いたの一度きりでした)などの不具合があったため、
あちらは返品して代わりにDELLの27インチWQHDモニター「U2713H」を購入してみました

こちらの真ん中のモニターがU2713Hです

Adobe RGBカバー率99%、sRGBカバー率100%という色域の広さで、絵や写真をメインとした作業をするには持って来いです

ピボット機能も搭載しており、縦回転して使うことももちろん可能なので便利ですよ

写真 2013-12-11 23 49 06


突然ですがフルHD、またはそれを超えるモニタを買う際には注意点があります

それは「マザーボード・グラフィックボード」がモニタの解像度の出力に対応しているかどうか?という点です
もしも対応していない場合、高解像度のモニタを購入してもそのモニタの解像度よりも小さな解像度でしか画面出力が
できなくなってしまいますので、必ずマザーボードやグラフィックボードの性能をチェックした上で購入して下さい





まずはこちらが届いたところ、ダンボールはそこそこに大きいです

写真 2013-12-11 23 37 49



開封したところです、付属ケーブルは「USB 3.0ケーブル、DVIケーブル、Display/MiniDisplayケーブル、電源ケーブル」の4本です

写真 2013-12-11 23 39 02



こちらが説明書です、組み立て自体はとても簡単で「モニターの柱をモニター本体に差しこむだけ」でした

写真 2013-12-11 23 39 41



あっという間に完成です、この組み立てのしやすさは大変便利で、年配の方や女性の方でも楽々ですね

写真 2013-12-11 23 42 07



こちらが表面です、設置作業中に液晶部分を傷つけないように気をつけて下さい

写真 2013-12-11 23 41 48



左サイドにはUSB3.0ポートが2つ、そしてカードリーダーが設置されています

このカードリーダーなのですが、以下のものが読み込み可能だそうです
写真編集をする方にとってはすごく便利ですね

MS Pro HG
高速 メモリスティック (HSMS)
/Memory Stick Pro Card (MS PRO) /Memory Stick Duo (アダプタ付き)
MS Duoセキュアデジタル(Mini-SD)、セキュアデジタルカード、ミニセキュアデジタル(アダプタ付き)
TransFlash (SD、SDHCを含む)
/Multi Media Card (MMC)

写真 2013-12-11 23 49 24



ディスプレイ下部には各種ケーブル接続用のポートが並んでいます
下部にもUSB3.0ポートが2つあるので、USBポートは合計4つですね

写真 2013-12-11 23 48 44



ディスプレイ下部その2です
DisplayPort用の端子があるので、グラボがDisplayPortに対応していたら使ってみると良いと思います
自分は今回はデュアルリンクDVI-Dケーブルでの接続をしています

写真 2013-12-11 23 48 53



ドライバ類はこんな感じになっています
注意ですが、カラーキャリブレーションは専用の周辺機器が必要となっているのでモニター単独では出来ませんでした

からー



カラーキャリブレーションにはこちらの「X-Rite i1Display Pro」という商品が必要になります

PRo.jpg



実際それほどカラーキャリブレーションの必要性を現段階では感じてはいませんが、頻繁にカラーキャリブレーションを
する予定の、印刷にこだわりのある写真家の方などは持っておいたほうが良いのかなと感じます
↓X-Rite i1Display Proはこちら、26000円くらいの商品です

X-Rite i1Display Pro(日本語パッケージ) KHG1035
X-Rite (2011-10-31)
売り上げランキング: 3,612




折角なのでここで色味についての話を少ししようと思います
色の表現には方式があるのですが、基本的に一般のモニターでは「sRGB 」という方式が用いられているのに対し、
広色域のモニターでは「AdobeRGB」という、Adobeが提唱した規格をベースに作られているものが目立ってきています


AdobeRGBはAdobe Systemsによって提唱された色空間の定義で、sRGBよりも遥かに広い(特に緑が広い)RGB色再現領域を
持ち、印刷や色校正などでの適合性が高く、DTPなどの分野では標準的に使用されている。―Wikipediaより




画像は前回買ったLGのキャリブレーション画面なのですが、こちらが標準的なモニターのsRGBのカバーしている色です

20131207144626e44_20131223213055215.jpg



対してこちらがAdobeRGBがカバーしている色域です、sRGBと比較してみてください

20131207144628eb2_201312232130525ff.jpg



R(レッド)とB(ブルー)の先端部分には差がないのですが、G(グリーン)の部分だけが大幅に違っています
そのことによって、三角形の面積も大きく変わってきているのがお分かりでしょうか

ただAdobeRGBですが、仮にこちら側がAdobeRGB準拠でみっちりイラストや写真を仕上げたとしても、印刷などを
する側がAdobeRGBに対する考慮をし、印刷環境を整えて居なければぶっちゃけあんまり意味がありません
(印刷業でそれほど適当なところは無いと思いますし、基本的にはどこもAdobeソフトを使っていると思いますが・・)

自分は最近カードゲームのイラストのお仕事などを頂けたり、また一眼レフで写真を撮ったりしているので、今後の事を
考えてあくまでオマケ程度ではありますがこの「AdobeRGB」を念頭に入れて購入に踏み切ったのでした

当然sRGBモードに切り替えることも可能なので、AdobeRGBのカバー率が高いモニタを持っていても全く損はありません



さて実際の発色はこんな感じでした
モニターをiPhoneで撮影すると困ったことにまた色味が少し変わってきてしまうのですが、右が今回購入したU2713H、
左が数年間使い古したBenQのM2400HDというモニターです

写真 2013-12-23 21 43 37

写真 2013-12-23 21 50 40

写真 2013-12-23 21 55 39



iPhoneで撮影した写真ですと目で見ている色と違うのですが、大きく違ったのは
AdobeRGBカバー率99%のモニターで写真を見るとsRGBのモニターでは飛んでしまっている色もきちんと表示されるという点ですね

空の微妙なうすーい青のグラデーションなどでは特にはっきりとその差が現れ、これにはびっくりしました
BenQのモニターは、比較するとイエローがどうしても少し強く、「RGBブルー」を表示すると紫色になってましたね(汗

写真 2013-12-12 2 08 22



この色味チェックですが、Photoshopなどのソフトウェアにプリセットされている色の中から、「RGBレッド・イエロー
・グリーン・ブルー」などの色をスポイトで吸って行っています
この色味チェックを、全画面一色で塗って行ってみるとそのモニターの色の加減がほんとによくわかるのでオススメですよ

kara-.png




作業範囲の拡大率ですが、WQHDはフルHDに比べ77%面積が広くなっていると言われます
フルHDが「1920*1080」の解像度に対し、WQHDは「2560*1440」という解像度です

この広さは正直、一度使ってしまうとフルHD解像度には戻れないほどの広さを持っていると思います




これはデスクトップに常駐するタイプのアプリケーションに使用される予定のキャラの立ち絵なのですが、
薄く壁紙が貼ってある部分がフルHD解像度の表示領域で、全体がWQHD解像度の表示領域です
↓クリックでグーグルドライブが開くので、メニューから原寸表示が可能です

ひかく1



こちらは試しにYahoo!を目一杯広げてみたところです、こちらもクリックから原寸表示が可能です
左側の表示されている部分がフルHD解像度、右側がWQHD解像度のモニタでの表示です
(左側下部の黒い部分はスクショを撮った際に勝手に生成されたので気にしないでください)

ひかく2



思っていたよりもフルHDよりも広い、と感じる方が大多数だと思います
この広さがあり、しかも2枚目、3枚目のサブモニタがあればブログ編集だろうがお絵描きだろうが写真編集だろうが
動画編集だろうが株価のチェックだろうが、ほぼなんでも出来てしまいそうな感じです



さて最後になりましたが感想です



LGの27EA83-Dのドライバに欠陥があったため返品し、少し高かったこちらを購入したのですが、結果的に満足しています
色ムラもドット欠けも特になくドライバもすこぶる安定していて、何より発色がいいので写真やイラストの作成がすごく捗ります

個人的には少し彩度が高く、赤が目に刺さる感じだったのですが、本体側の設定でそのあたりは調整できるので問題ありませんでした
先日のLGのモニターもそうですが、やはりAdobeRGB99%のモニターは色味がすごく綺麗です
特に印刷を前提とするような写真やイラスト作業にはもってこいで、細かな色調チェックが出来るのは非常に頼りになりますね
今まで使っていたモニターと比較すると「安物のsRGBのモニターで今まで見ていた色はなんだったんだ・・・」と思わされるほどです

↓今回購入したのはこちらの製品ですが、




目への負担が小さく、レビューがすごく良いこちらのEIZOの27インチWQHDモニターもオススメできそうです
(しかしちょっとだけ高いです)



あとは単純にWQHD解像度のモニターということであれば、こちらのASUSのものや(AdobeRGBには非対応)



DELLのU2713HMというモデルもあります(こちらもAdobeRGBには非対応)




このあたりは自分がAdobeRGB環境下で作業をする必要があるのかどうか、そして予算と相談して決めるといいですね

よっちーの小屋では他にも様々なお役立ち情報や面白ニュースなどを毎日配信しておりますので、
是非ブックマークしてまた遊びに来て下さい!





―――――――――――――――――■過去記事から数分ごとにランダム記事紹介!■――――――――――――――――――



category: お絵描き用家電・ガジェット紹介


link.jpg
tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://ironboy1203.blog.fc2.com/tb.php/566-0950d94c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

■最新・名作ゲーム実況解説プレイ、YouTubeにて公表配信中!

■よちよちカウンター

■このブログについて■

【お知らせ】

■書いてる人

■自己紹介

■最近のお絵かき

■人気記事を見ていって下さいませ

■カレンダー

▲ Pagetop