アクセスランキング

よっちーの小屋

よっちーの小屋 ホーム » スポンサー広告 » 知識・教養など »【画像】3Dプリンターで動脈の作製を可能にする技術を佐賀大などが開発

【過去記事からランダム紹介!】

【当ブログと一緒にアクセスアップを目指しませんか?相互RSS大募集中です!】
【左上の「よっちーの小屋について」へコメント下さるか、もしくは管理人へメールを下さいませ】

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




―――――――――――――――――■過去記事から数分ごとにランダム記事紹介!■――――――――――――――――――



category: スポンサー広告


link.jpg
tb: --   cm: --

【画像】3Dプリンターで動脈の作製を可能にする技術を佐賀大などが開発  

これはすごい、食べ物などを作製することもできる3Dプリンターですが、ついに動脈という臓器を作る事も可能になりつつあるようです

佐賀大などによって開発されたこの技術は患者の皮膚などから動脈を作るというもので、3Dプリンターでの血管の作製は
国内で初めてだということです

do.jpg


研究チームは、患者本人の皮膚細胞などを材料に、3Dプリンターで血管を作製する研究に着手。
血管の立体組織を形状を崩さずに再現するため、金属製の針(太さ約0・1ミリ、長さ約10ミリ)を生け花の剣山の
ように無数に並べた装置を考案。3Dプリンターに内蔵した。

 この3Dプリンターで10日程度で、無数の針を包むように筒状の直径2~3ミリの動脈の作製に成功。
針の形状や大きさを調整することで血管を太くしたり、長くしたりすることができたという。

 サイフューズによると、まず30万人以上といわれる国内の人工透析患者のために実用化する予定で、
将来的には心臓の冠動脈バイパス手術時の移植用途にも拡大するという。同様の技術は米国企業がすでに開発しているが、
臨床試験はまだ始まっていない。


3Dプリンターで動脈 佐賀大など開発 患者の皮膚使用 (産経新聞) - Yahoo!ニュース


患者本人の細胞を使った人工臓器は何より拒絶反応が起きる可能性が0に近くなるのが利点ですね
先端技術がこうして医療に活かされていくのは素晴らしいことですね



―――――――――――――――――■過去記事から数分ごとにランダム記事紹介!■――――――――――――――――――



category: 知識・教養など


link.jpg
tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://ironboy1203.blog.fc2.com/tb.php/585-c0480a6b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

■最新・名作ゲーム実況解説プレイ、YouTubeにて公表配信中!

■よちよちカウンター

■このブログについて■

【お知らせ】

■書いてる人

■自己紹介

■最近のお絵かき

■人気記事を見ていって下さいませ

■カレンダー

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。