アクセスランキング

よっちーの小屋

よっちーの小屋 ホーム » 知識・教養など »【遺跡】「卑弥呼の鏡」とされている古代の青銅鏡「三角縁神獣鏡」を3Dプリンターで作成した結果、それが魔鏡であった事が明らかに

【過去記事からランダム紹介!】

【当ブログと一緒にアクセスアップを目指しませんか?相互RSS大募集中です!】
【左上の「よっちーの小屋について」へコメント下さるか、もしくは管理人へメールを下さいませ】

【遺跡】「卑弥呼の鏡」とされている古代の青銅鏡「三角縁神獣鏡」を3Dプリンターで作成した結果、それが魔鏡であった事が明らかに  

「卑弥呼の鏡」との説がある古代の青銅鏡の「三角縁神獣鏡」という鏡の精巧なレプリカを3Dプリンターを使い製作した
ところ、それが壁に投影した反射光の中に文様が浮かび上がる「魔鏡」だった事が判明したようです

臓器も作れたり食べ物も作れたり銃も作れたりと、3Dプリンターは本当にすごいですね・・

まきょう



3次元(3D)プリンターを使って「卑弥呼の鏡」との説がある古代の青銅鏡「三角縁神獣鏡」の精巧な金属製レプリカを
製作したところ、壁に投影した反射光の中に鏡の背面に刻んだ文様が浮かび上がる「魔鏡」と呼ばれる現象が起きることが
分かり、調査した京都国立博物館の村上隆学芸部長が29日発表した。

鏡は古代の祭祀(さいし)で用いたと考えられているが、具体的役割は不明だった。この現象は太陽光線など平行光で
特に顕著で、人心を掌握するのに用いた可能性や、太陽信仰との関連を指摘する意見もあり、古代鏡の研究に新局面を
もたらしそうだ。

ソース元:「卑弥呼の鏡」は「魔鏡」 3Dプリンターで復元  :日本経済新聞



上のリンクからは動画もご覧になれます

この魔鏡と呼ばれるものは普段聞きなれないものですが、グーグル検索するとこのような結果が出てきました
モノによるかもしれませんが、結構はっきりと見えるものなんですね

魔鏡



ちなみにですがこの魔鏡というものは、かつて日本で隠れキリシタンと呼ばれる方々が弾圧を受けていた際、
光を反射するとキリスト像などが浮かび上がる「隠れ切支丹鏡」いうアイテムが有名かもしれません

こんかい魔鏡であることが発覚したこの鏡は古墳時代(西暦250年~)のものだそうですが、
そんな古い時代からこんな技術があったというのは驚きです・・・古代人すごいです



―――――――――――――――――■過去記事から数分ごとにランダム記事紹介!■――――――――――――――――――



category: 知識・教養など


link.jpg
tb: 0   cm: 1

コメント

魔鏡

古代の鏡は、通信手段に使ったのでは
ないかと思う。

古代ロマンは、膨らみますね

遠藤邦夫 #simUKRoA | URL
2016/07/10 20:52 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://ironboy1203.blog.fc2.com/tb.php/666-2c5ffb79
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

■最新・名作ゲーム実況解説プレイ、YouTubeにて公表配信中!

■よちよちカウンター

■このブログについて■

【お知らせ】

■書いてる人

■自己紹介

■最近のお絵かき

■人気記事を見ていって下さいませ

■カレンダー

▲ Pagetop