アクセスランキング

よっちーの小屋

よっちーの小屋 ホーム » 映画紹介&レビュー »ツタヤで8年ぶりくらいにカード作って来ました

【過去記事からランダム紹介!】

【当ブログと一緒にアクセスアップを目指しませんか?相互RSS大募集中です!】
【左上の「よっちーの小屋について」へコメント下さるか、もしくは管理人へメールを下さいませ】

ツタヤで8年ぶりくらいにカード作って来ました  

自宅から徒歩4分くらいのところにツタヤがあるのですが、ツタヤはレンタル料金が高いこともあって
ここ8年ほど、まったくツタヤを利用せずにいたあいろんですこんばんは
この間選挙も行ってきましたが、裁判官への投票はそれぞれの方の顔も分からない、どんな判決を
どこで下しどんな成績を残してきたのかも分からない、分かるのは名前だけという
ただの姓名判断ゲーのような状態でしたが、こんなんでいいのかなーと思ってしまいました

さて話は変わり、結構前にツタヤも旧作100円が東京などの首都圏で始まったようで、
お値段もリーズナブルになったのでこの際に~とツタヤカードを作って参りました
今までは映画好きな友人に、「レンタルするついでにお金払うからあれ借りてきて~」と
頼んでいたのですが、これで友人に迷惑をかけずに済みそうです

という訳で、早速映画を5本レンタルして、休みの日にばーっと消化してしまいました
ここで見た映画のご紹介をば


きみに読む物語


借りてきた中でダントツ1位、「天使のくれた時間」と並んで自分の「人生の1本」と
なりそうな勢いのラブストーリーです

あらすじ:療養生活を送る老婦人の元に、足繁く通う老人が、物語を読み聞かせる。
それは、1940年の夏、南部の小さな町で始まる物語。休暇を過ごしに都会からやって来た
17歳の令嬢・アリー(レイチェル・マクアダムス)は、地元の製材所で働く青年ノア(ライアン・ゴズリング)と
出逢い、恋に落ちる。けれど、娘の将来を案じる両親に交際を阻まれ、都会へ連れ戻されてしまう。
ノアは365日毎日手紙を書くが、一通の返信もないまま、やがて、第2次世界大戦が始まる…。

トレーラーを見ればまあわかってしまうのですが、この老人というのがノアで、老婦人というのがアリーなのです
アリーは歳をとってアルツハイマーを発症してしまい、その記憶はどんどんと失われて行くのですが
ノアは「愛が起こす奇跡」を信じ、ノアのことすら忘れてしまったアリーに、自分たちの過去の話を
読み聞かせるのです

制作が2004年で、「お前今更見たのかよおっせえな」という声がどこからか聞こえてきそうではありますが
最近の良作アクション映画「ドライブ」に主演したライアン・ゴズリングお兄さんが主演なので、ドライブで
彼にハマった方はチェックしてみてください

「ショーシャンクの空に」や「遠い空の向こうに」のような雰囲気の映画で、いわゆる「良い話・泣ける話」では
ありますが、Amazonでもレビューが185件、★4つという安定した評価なので、安心してお勧めできる作品です
ちなみに最初~最後までで、3回くらい目から汁が出ました




お次
作品賞を含んだ、アカデミー賞8部門受賞、「28日後」などで知られるダニー・ボイル監督の
「スラムドッグ・ミリオネア」



あらすじ:テレビ番組「クイズ$ミリオネア」に出演し、賞金を獲得したジャマール(デヴ・パテル)だったが、
インドのスラム街で育った少年が正解を知るはずがないと不正を疑われ逮捕­される。
ジャマールになぜこれほどの知識があり、この番組に出演するに至ったのか。警察の尋問によって、
真実が明らかになっていく。

またも「お前今更~」という声が聞こえてきそうですが、今更見ましたスラムドッグ・ミリオネア!
主人公の男の子は悪い子では無さそうなので、インチキではないんだろうけどもなんでクイズをラストまで
正解していけたのかなーと常々思っていたのですが、本編を見てようやくその疑問がとけました
一言で言ってしまえば「人生と言う名の出来レース」で、意識して借りた訳ではないのですが
こちらも内容はタイトルからは全然想像できないラブストーリーとなっていました

劇中のクイズ番組のクイズ$ミリオネアが、昔やっていたみのもんたのミリオネアと
演出や効果音、画面表示が全く同じだったので吹きました
一番の見所は、本編が終わった後で突如始まるキャストが踊りまくる謎のエンディングでしょうか

こちらはなんとAmazonではレビュー110件、★4.5という超高評価です
これも未見の方にはオススメな一本ですね




お次
カズオ・イシグロ原作のイギリス映画、「わたしを離さないで」



あらすじ:「介護人」キャシーはヘールシャムで「提供者」たちの世話をしていた頃の記憶を静かに思い返していく。
閉鎖的でありながら落ち着いたヘールシャムの牧歌的な世界は、キャシーの回想が進むにつれて
そのグロテスクな全貌を明らかにしていく。

あらすじだけを読むとちんぷんかんぷんの極みのような映画ですが、実はマイケル・ベイ監督の
「アイランド」とほぼ同じ設定の映画でした
ただあちらはアクション全開のB級映画な感じに仕上がっているのに対し、「設定はほぼ同じでも
描き方・見せ方でこんなに違うものになるんだ」と思わせてくれるほどの切ないお話に仕上がっています

トレーラーにもありましたが、最後のトミーの叫びには言葉では形容できないような色々な感情を感じましたね
しんみり系、切ない系のお話が大好物な方にとってはとてもいい1本になると思います
Amazonでもレビュー56件、★4つの高評価でした





超がつくほど有名な鬱映画、「ダンサーインザダーク」


ええ、内容は知っていたのですが今更見ましたダンサーインザダーク

あらすじ:1960年代、アメリカの片田舎。チェコからやってきたセルマ(ビョーク)は、女手一つで
息子ジーン(ヴラディカ・コスティク)を育てながら工場で働いている。セルマは遺伝性の病気のため
視力を失いつつあり、ジーンも手術を受けないと同じ運命をたどるのだが、それを秘密にしつつ、
手術費用をこつこつ貯めていた。彼女の生きがいはミュージカル。アマチュア劇団で稽古をしたり、
仕事帰りに友人のキャシー(カトリーヌ・ドヌーヴ)とハリウッドのミュージカル映画を観ることを
唯一の楽しみとしていた。しかしセルマの視力は日増しに弱くなり、ついには仕事のミスが重なり
工場をクビに。しかもジーンの手術代として貯めていた金を、親切にしてくれていたはずの
警察官ビル(デイヴィッド・モース)に盗まれてしまう。

この映画自体独特な作りなので、評価は結構分かれるような映画だと思うのですが、
自分はあんまりビビっとはこなかった&沈んだ気分にもならなかったです
セルマがとことん正直者というか不器用な人間に描かれていて、逆にねーよ!ってなって
しまったのもありますし、感情が高ぶるような瞬間が劇中にあまりなかったのが
大きいでしょうか
吹き替えが玉川紗己子(現・玉川砂記子)さんだったのは嬉しかったです


さいご
この間見てきた007スカイフォールの前作「007慰めの報酬」


あらすじ:初めて愛した女・ヴェスパーを失ったジェームズ・ボンドは、ヴェスパーを操っていたミスター・ホワイトを
尋問し、背後にいる組織の存在を知る。早速捜査のためにハイチへと跳び、知り合った美女カミーユを通じて、
組織の幹部であるグリーンに接近。環境関連会社のCEOを務める男だが、裏ではボリビアの政府転覆と天然資源の
支配を目論んでいるのだった。ボンドは復讐心を胸に秘めながら、グリーンの計画阻止に動くが……。

結構前に見たのですが、スカイフォールを見たのでもう一度ちゃんと見ることに
アクションシーンはスカイフォールよりも多めで、カジノロワイヤルの正当な後継作といった仕上がりでしょうか
カジノロワイヤル、慰めの報酬、スカイフォールと見てみると、慰めの報酬のボンドはまるで反抗期の
中学生高校生の如く、敵だろうがなんだろうがお構いなしにぶっ殺しまくってました(汗
スカイフォールでは落ち着いた雰囲気の優しいボンドでしたが、慰めの報酬のボンドは、自分と
関わってしまったせいで死んでしまった仲間の死体を平気で道端のゴミ箱に捨てていくようなおじさんだったので
、「キャラ変わりすぎ」という声もちらほら聞かれました
確かに改めて見てみると、慰めの報酬とスカイフォールの間に何があったんだろうかと思わされる程には
優しさ成分が増加していますね

スカイフォールは単品映画として成り立っていますが、こちらはカジノロワイヤルからの続編になっているので
興味のある方は是非カジノロワイヤルと一緒に見てみて下さい

それと凄くどうでもいいことなのですが、敵のドミニク・グリーンというおじさんが、
大学生の頃に働いていた写真屋さんの後輩の細野くんに激似で、1人で笑ってしまっていました
人種を超えて人はここまで似るのかというくらいに似ていたのが感動でした

しかし今見てみるとブロスナンボンドの007が若干コメディ映画に見えるほどに、ダニエル・クレイグボンドの
ボンドはアクションがガチで凄いですね・・



次はボーン・シリーズの三作目、「ボーン・アルティメイタム」や「キック・アス」、
「ドラゴン・タトゥーの女」「ペントハウス」「ダークナイトライジング」あたりを借りてこようかなと
思っています、何かよさげなタイトルがありましたら教えて下さいね(´`)




―――――――――――――――――■過去記事から数分ごとにランダム記事紹介!■――――――――――――――――――



category: 映画紹介&レビュー


link.jpg
tb: 0   cm: 2

コメント

地域でマックも値段が違うという話ですけど、東海地方は安い方だと思います。
どの店も旧作100円で新作5枚で1000円くらいですね~ゲオとTSUTAYAがよく値引き競争しています。
あと個人的にTポイントがヤフーとかカメラ屋・カーショップとかでも溜まるので一番愛用しています◎

この間DMMのオンラインレンタルの無料キャンペーンを一か月体験しましたけど、非常に便利ですね!確かに値段は少し高いですし、新作は順番待ちが多いですけど、TSUTAYAで5枚借りて1日でも延滞すると同じくらいの値段になってしまうので、延滞無しってのは自分にとってはありがたいですww返却もコンビニ行くついでにできますし、24時間じゃないTSUTAYAがそばになければ本当に便利だと思います。たぶんまだキャンペーンやってますし、無料期間内一か月で辞めれるので正月用に試してみてもいいと思いますよ。
Huluとかもお試しやってますね!

奇遇ですね!ボーンレガシー観ようと思ったんですが、2~3作目を忘れていたので観なおしていました!ただ2~3作目はカメラ動かし過ぎで酔いますw1作目が一番好きですね。
前にも書きましたけど、来年公開の「ted」ですかね~あと正月三が日のド深夜は民放でもいい映画やっているので楽しみです。
「ダークナイトライジング」も良いですけど2作目の「ダークナイト」を改めて見直してヒースレンジャーのすごさに脱帽でした!病院の爆破のシーンとかアドリブってのが信じられないです。

007はダニエル・クレイグがどうも見る気になれなくてw三部作とも見てないですw

Back to the Futureの三部作デジタルリマスターのBDは感動です!CG多用してますけど今でも十分見れるクオリティーだし、逆にデロリアン内部とかが安っぽかったりwMフォックスにも復活して欲しいですね。
http://www.youtube.com/watch?v=EY6jfm9EQ-I
この動画見たときは涙がでてきました

hhh #- | URL
2012/12/21 22:37 | edit

>hhhさま

どうもどうもコメントありがとうございます

マックも地方で値段が違いますね、ツタヤも新潟の田舎な方の店舗では旧作がずっと前から
100円で、しかもクーポン使うと半額の50円になったりしてたのが今思うと驚きです
Tポイントはファミマでも溜まったりするので、意外と便利なことに気づきました(汗

最近はやっぱり自宅でレンタル・ストリーミング配信系のサービスがじわりと勢力拡大してきて
いますよね、月額980円なら年間でも12000円程度ですし、時間のない人や田舎の人にとっても
凄く便利なサービスだと思います

ダニエル・クレイグのボンドは、カジノロワイヤル・慰めの報酬・スカイフォールと、どれも何故か
性格が違うのが見ていて面白いですよ、そしてアクションが歴代ボンドでNo1のガチさです
ボーン・シリーズにビビっと来たのであれば、クレイグボンドもお勧めですよ

バック・トゥ・ザ・フューチャーは、実は地デジで放送されていたものを録画してもっとりますw
フルHD画質なのでめっさ綺麗ですし、三ツ矢雄二&穂積隆信吹き替えがたまりません
最近のマイケルJフォックスも是非もっとその姿を見せて欲しいですね!
ちなみにこの「Microsoft goes back to the future」では誰だかよく分からないメタボな
マーティが見られますよ

http://www.youtube.com/watch?v=B2G4Y_IaKTI

あいろん #- | URL
2012/12/24 00:16 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://ironboy1203.blog.fc2.com/tb.php/76-cd5ad8bc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

■最新・名作ゲーム実況解説プレイ、YouTubeにて公表配信中!

■よちよちカウンター

■このブログについて■

【お知らせ】

■書いてる人

■自己紹介

■最近のお絵かき

■人気記事を見ていって下さいませ

■カレンダー

▲ Pagetop